2022アカデミー賞

ウィルスミスがガチギレで「放送禁止用語」連発動画!「お前の汚い口で」妻の名を話すな

willsmith

2022年3月27日にアメリカ・ハリウッドでアカデミー賞が行われました。そこで、ウィルスミスがクリスロックを殴る動画が話題になっています。

その動画では、ウィルスミスがクリスロックにビンタし放送禁止用語を連発する姿が写っています。

【動画】ウィルスミスがアカデミー賞でガチギレ

ウィルスミスがクリスロックを殴った経緯は以下の通り。

  • ジェイダ・ピンケット・スミス(ウィルスミスの妻)は、脱毛症に悩んでいた
  • その為、頭を坊主にすること決断
  • その奥さんの髪型を揶揄するように、クリスロックが「GIジェーン2」の出演楽しみにしてるよと発言
will-smith
  • その言葉に怒ったウィルスミスが壇上に上がり、クリスロックを殴る
  • その後、クリスロックは「GIジェーン」ジョークだと説明
  • しかし、ウィルスミスは「その汚い口で妻の名前を呼ぶな」とガチギレ
  • アカデミー賞は、生放送のためウィルスミスが連発した放送禁止用語「Fワード」が流された
GIjane GIジェーンはデミムーアが坊主頭になって、話題を呼んだ作品
https://junction-29.com/chris-rock-academy-show/
 
willsmith

アカデミー賞の授賞式では、ウィル・スミスの隣に奥さんのジェイダ・ピンケット・スミスも座っています。クリスロックが、「GIジェーン2」の出演楽しみにしているよと言ったあと、ウィル・スミスの奥さんの顔が曇っていくのがわかります。

最初は、クリスロックのジョークに笑っていたウィル・スミスも愛する奥さんを侮辱された事で我慢ができなかったのでしょう。壇上にあがり、クリスロックを殴り、放送禁止用語を連発するのは余程のことだったのだと思います。

ウィル・スミスがクリスロックを殴った直後、デンゼル・ワシントンがウィル・スミスの元に近寄り「これは人生における頂点だ。そういう時こそ悪魔の囁きに気をつけろ」とアドバイス。

そのあとに、ブラッドリークーパーもウィル・スミスの元に近寄ってきて話をしている姿も見えます。2人ともアカデミー賞の舞台で暴力事件を起こしてしまったウィル・スミスを擁護していたようです。



ウィル・スミスはアカデミー賞主演男優賞を受賞

妻のことを侮辱されガチギレしたウィル・スミスは、主演男優賞を受賞しました。その後のスピーチで、「この映画は家族を守った物語です」「自分が笑いものにされてもニコニコしなければいけない業界」などと語りました。また、アカデミー賞の舞台で自分がしてしまったことを謝る場面もありました。



ウィル・スミスの妻ジェイダは2018年から脱毛症だった

will-smith-wife

ウィル・スミスの妻、ジェイダ・ピンケット・スミスは、2018年から脱毛症に悩まされていました。ジェイダの症状はある日シャワーを浴びていたら突然一握りの髪がぬけ始めたと言います。髪の毛は、女性の命ともいうので、ジェイダも文字通り恐怖で震えました。

症状を隠す為に、ショートカットやターバンを巻くスタイルを試していたものの、娘のウィロウに背中を押されて丸刈りのスタイルにしたそう。また、家族はジェイダをケアするために、娘のウィロウもパフォーマンスアートの一環として坊主にするなどしていました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA