芸能人・著名人

ユニコーンに乗って3話あらすじネタバレ

ドラマ『ユニコーンに乗って』 第3話あらすじ・ネタバレ

2話では、佐奈と功が両想いであるような描写がされ、「佐奈と功は過去に何があったの!?」ととても気になりました。

3話では、そんな二人の過去の淡い恋の思い出が明かされます。両想いだったのに、「ビジネスパートナーでいる」と決めた二人には、一体何があったのでしょうか…?

こちらでは火曜TBSドラマ「ユニコーンに乗って」の3話ネタバレあらすじや感想などを書いていきたいと思います。

ユニコーンに乗って第3話あらすじ

小鳥(西島秀俊)の歓迎会で酔いつぶれてしまった須崎(杉野遥亮)は翌朝、おぼろげながらも誰かとキスをした記憶に悶々とする。もしかして相手は佐奈(永野芽郁)だったかも…? とあたふたする須崎。しかも佐奈は、どこかよそよそしい態度で、須崎の不安は深まるばかり。

そんな中、ドリポニメンバーは、自社アプリの認知度を上げる施策を考案。小鳥の提案で、テレビ出演もはたすほど人気の慶成大学のクイズ研究会「クイズマップ」とコラボを試みることに!

早速動き出した一同は、須崎と佐奈が出会った場所でもある慶成大学のキャンパスへ。そこで小鳥は、佐奈と須崎、栗木(前原滉)の出会いから起業するまでの話を知ることに。

そこには、ドリームポニーが「社内恋愛禁止」になった経緯や、佐奈と須崎の間にあった淡くて切ない恋の思い出、そしてふたりが“一番のビジネスパートナーでいること”を決めた秘密が隠されていて…!?(引用:ユニコーンに乗って公式HP

ついに、佐奈と功の出会いからのエピソードが明かされます!

てっきり功がずっと佐奈に片思いで、佐奈は功のことを「信頼できるビジネスパートナー!」としか思っていない…という、ベタな少女漫画王子様設定かと思っていたのですが、なんと二人は両想いだったのですね…!?

それはかなり意外でした…!

ドリームポニーが「社内恋愛禁止」になった経緯も、つまりは二人の過去に関係があるということですね。それはかなり気になるところです。そして、酔った功が誰かとキス…!?

功は本当にお酒が弱いんですね。でも、相手は絶対佐奈ではないような気がします…(笑)



ユニコーンに乗って第3話ネタバレ

ここからは、ユニコーンに乗って3話のネタバレです。

キスをしたのは誰…!?

飲み会で間違ってお酒を口にしてしまった功(杉野遥亮)は、朝になると、昨夜、誰かとキスをしたような記憶が…。しかし、昨日ここにいたのは送ってくれた佐奈(永野芽郁)と、泊まっていった小鳥さん(西島秀俊)だけ。

まさか佐奈とキス…!?

しかも出社してみると、なんだか佐奈がよそよそしい。そして仕事中に、「話がある」と呼び出されます。しかし、話と言うのは、今ドリームポニーが入っているビルのオーナーが功の父親に変わり、来月から賃料を値上げすると言う通知が来た、と言う話でした。

功は大手不動産グループの社長の一人息子なので、父親としては息子がこんな小さなスタートアップ企業で働いていることが気に入らないのです。完全に功の父親の嫌がらせです。

ではなぜ、そんな将来有望なお坊ちゃんが、こんな小さなスタートアップ企業で働くことになったのでしょうか?それは、大学時代に、佐奈と出会ってしまったから。

佐奈と功の出会い

佐奈は高卒ですが、大学の講義を受けたくて、栗木(前原滉)の代返を請け負う代わりに、代わりに授業に潜り込ませてもらっていました。その時に、ものすごい速さでプログラミングコードを打ち、100点をとっている功に目をつけ、「私のパートナーになってもらえませんか!?」といきなりスカウトしました。

その後すぐに、授業に潜り込んでいることが教授にバレ、警備員に追われることになりましたが。(1話冒頭のシーン)改めて功と話し、自分の夢を語り、「エンジニアを探している」と事情を話しますが、功は父親の会社を継ぐことが決まっているため、いちどは断りました。

しかし、一生懸命な佐奈を見ているうちに応援したくなり、「一緒に起業はできないけど、アプリを作るのを手伝うだけなら」と協力してくれることに。途中で、栗木がプログラミングが得意な事も発覚し、栗木も引き入れ、3人でアプリを作り始めます。

佐奈が、「ガイド役にキャラクターを設置したい」とアイディアを出し、お守りがわりに大切にしていたポニーのぬいぐるみをイメージモチーフにできないかと思いつきます。スタートアップが成功することを、ユニコーンと呼ぶことから、

「いつかポニーからツノが生えて、ユニコーンになれたら素敵!」と佐奈が言い出し、ここからドリームポニーと言う会社名も生まれました。初のアプリのお披露目会が行われました。子供たちがかなり満足してくれたことに達成感を感じる佐奈と功。

ビジネスコンテスト

佐奈はビジネスコンテストに出場したいと考えていました。優勝すれば1,000,000円がもらえます。そのお金があれば、バイトを辞めてすぐにでも起業できます。しかし出場資格は「大学生であること」。佐奈には出場資格がありません。

それを知った功は、「自分が出場すれば、チームの一員として佐奈も出場できる。栗木と3人で出場しようと。そして「優勝したら、一緒に起業しよう」と言ってくれます。

しかし、家に帰ると、父親から「最近、女の子にうつつを抜かしているそうじゃないか?しかもその子は高卒だそうじゃないか。そんな子とはすぐに縁を切りなさい。住む世界が違うんだから。早く就活の準備をしなさい」と怒られます。

その時初めて功は、「彼女と一緒に起業する!」と父親に告げ、父親は「今までお前にいくら投資してきたと思っているんだ!?そんな勝手なこと言うなら、今すぐ家を出て行け!」と激怒。功は家を飛び出します。

キス寸前

コンテストの前日、準備をしていた佐奈が寒くてくしゃみをします。功は毛布を持ってきてかけてあげましたが、今度は功がくしゃみをします。佐奈は「入る?」と毛布を半分貸してくれました。

ぴったりとくっついて寄り添った2人はいい感じに。

功「明日、優勝できたらいいな」

佐奈「功とだったらできるよ」

功「明日優勝したら、言いたいことがある」

見つめ合い、キス…と言うところで、栗木がやってきて、2人は慌てて反対側を向いて寝たふりをしました。そしてコンテストの結果。ドリームポニーは優勝しました!

切ない約束

当時、功と付き合っていた凛花(石川恋)は、功がどんどん佐奈たちとのアプリ作成にのめり込んでいくのが気に入りません。ついに凛花は、佐奈に直接文句を言いに行きました。凛花に言われて、初めて佐奈は功が父親に縁を切られ、家に帰れていないことを知りました。

凛花「あんたのせいで功の人生をめちゃくちゃになったのよ!功の前から消えてよ!」

佐奈「それは違うと思う。功がどうしたいかは、功が決めること」

凛花「偉そうに言ってるけど、あんたなんて恋愛感情を利用しているだけ。そんな冷めたら終わりだから」

そう言われて、佐奈は改めて功に起業の意思を確認します。

功「佐奈のことをずっと支えたいと思っている」

佐奈「それは恋愛感情なしでも?」

功「一時の感情なんかじゃない」

そして佐奈から、「私たち、最高のビジネスパートナーになろう」と告げたのでした。その後、佐奈は疲れて寝てしまいました。

功「もしお互いに30になっても相手がいなかったら、その時は結婚するのもありだよな?」

功は独り言で言ったのですが、佐奈が寝ぼけて「うん…」と答えました。功は今でもその時の約束を大切に信じているのです。ここまでが過去の回想シーン。

キスの相手の真相

現在。仕事の帰り、佐奈と功が2人でご飯を食べに行きます。2人きりでご飯を食べに行くのは久しぶり。功は勇気を出して、「昨日、俺、何かした?」と聞いてみます。

すると、功のキスの相手はなんと栗木でした。それをバッチリ目撃してしまった佐奈と小鳥は固まってしまいました。

功「よかった~!佐奈じゃなくて」

佐奈「どういう意味!?失礼なんだけど」

功「だって覚えてないとか嫌だろ?」

思わず本音が漏れてしまった功に、佐奈もちょっとドキッとしたような表情をしますが、功は「女子とのキスは、覚えてなかったら嫌だろ」とごまかしました。

すると、佐奈のスマホが鳴り、「やったー!」と佐奈が喜びます。佐奈はマッチングアプリを始め、明日マッチングした人と会うことになったのだとか。驚いた功が「どんな人!?」と聞くと、佐奈から見せられたのは48歳のおじさんだったのでした…



ユニコーンに乗って第3話で話題になった場面

ユニコーンに乗って、回想長過ぎ。

ユニコーンに乗って、杉野遥亮くんも永野芽郁ちゃんも好きだけど西島秀俊さんの出番が少なくて、淋しい。物足りません…

今日のユニコーンに乗って、小鳥さんがあんまり出なかったのであからさまにテンションがさがっています

今回、ガッツリ、過去の話だったので、小鳥さん不足の人が多いですね~。

ユニコーンに乗って面白かった! 功のキスした相手が面白かった笑

功のキスの相手、絶対、男2人のどっちかだとは思ったけど、栗木だったんですね(笑)功と佐奈のキスの邪魔に入ったのも栗木だったし、いい味出してます!



ユニコーンに乗って第3話感想

今回はまるまる過去の話で、お仕事パートは全く進みませんでした。でも、佐奈と功が両想いなのになぜお互いに一線を引いているのか気になっていたので、過去の話を丁寧に描いてくれて、よく分かりました。

確かに恋愛関係になってしまえば、恋愛がうまくいっている間はいいけど、別れた時に会社まで一緒にダメになってしまう可能性が高いですよね。ドラマだから、こんなに何年も一途に思い続けていられるけど、付き合ったら絶対に喧嘩もする。相手の嫌なところも見えてくるし、飽きてくるし、別れたりすると思います。

功の言うように「30までお互いに相手がいなかったら結婚」と言うのは現実的かもしれませんね。それくらいの年齢になっていれば、会社もある程度安定してきているかもしれないし、人生においての恋愛にかける比重が少なくなってきて、付き合っても揉め事が少ないように思えます。(落ち着いてきて、浮気とかもあまりしなくなるだろうし)

それにしても、今回は小鳥さんがほとんど出なくて、やはりちょっと物足りなかったですね。功に昔の話を聞いた小鳥さんが、気を利かせたのか何も考えていないのか分かりませんが、佐奈と功を2人にして「直帰します」とそそくさと帰っていったところに、「小鳥さん、いいやつじゃん!」とキュンとしました。



ユニコーンに乗って第4話の次回予想

佐奈がマッチングアプリで探していたのは、恋愛相手ではなくて、投資をしてくれる相手だったのですね!でも、もしかして、その相手が佐奈にセクハラを仕掛けてくる…!?

「投資してほしかったら…」と若いかわいい女の子だったら、ありがちな話ですよね。それを、小鳥さんが必死で止めようとしてくれるのではないでしょうか!?今回は小鳥さんの出番が少なかったので、4話では小鳥さんの活躍に期待します!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA