テッパチ!

テッパチ!4話あらすじネタバレ

テッパチ第4話あらすじネタバレ

4話で脱落しそうになるのは、シューティングゲームやサバゲーが好きな丸山(時任勇気)。フィジカル面は優れているものの、“心を鍛える“必要があり…。

こちらでは火曜TBSドラマ「テッパチ!」の4話ネタバレあらすじや感想などを書いていきたいと思います。

テッパチ!第4話あらすじ

陸上自衛隊の自衛官候補生の国生宙(町田啓太)や馬場良成(佐野勇斗)たち第一班は、厳しい訓練が終われば寮の部屋や娯楽室でアームレスリング・トーナメントや「陸上自衛隊クイズ」大会を開くなどして、それなりに楽しくやっていた。

ある日、サバゲーが趣味でミリタリー通でもある丸山栄一(時任勇気)は、射撃の予習訓練でその姿勢の良さを教官たちから褒められる。一方、桜間冬美2尉(白石麻衣)の指導を受けていた宙は、彼女に気を取られてしまい集中できない。

冬美は、そんな宙に丸山のようになりたければ体幹を鍛えろ、と言い放つ。毎日懸垂100回をこなせば少しはましになる、と冬美に言われたことが悔しかった宙は、その日の夜からひとりでトレーニングに取り組み始め……。

そんな中、いよいよ実弾を使った射撃訓練が始まる。緊張感漂う中、そこでも良い結果を出す丸山。だが、宙もトレーニングの成果を発揮し、丸山よりも良い結果を出す。ショックを受けた丸山は、会社員時代の上司から「お前の代わりなんていくらでもいる」などとこき下ろされていた時のことを思い出し……。(引用:テッパチ!公式HP

会社員時代に上司からパワハラを受けていた丸山は、自己肯定感が低く、訓練中に自信をなくしてしまうようです。

宙が頑張る原動力になっているのが、やはり冬美と言うところに、どうしても恋愛要素を入れたい様子ですね…。



テッパチ!第4話ネタバレ

ここからは、テッパチ!4話のネタバレです。

射撃訓練は丸山が得意

1班のメンバーは近頃絆が深まり、プライベートでも腕相撲大会で盛り上がるなど、みんなで仲良くしています。射撃訓練の時、宙(町田啓太)は、冬美(白石麻衣)に「集中していない。姿勢も安定していない」と注意されます。

それに引き換え、サバゲー付でミリタリーオタクの丸山(時任勇気)は、姿勢も様になっていて、「自衛隊に来るべくしてきたような奴だ」と仲間たちから賞賛され、「丸山を見習え」と教官からも褒められます。

宙は冬美に「もっと体感を鍛えなさい」と言われ、筋トレに精を出します。そして次の訓練では、丸山の成績を抜きました。丸山は自信を失ってしまいます。

過去のパワハラのトラウマ

射撃訓練の際、丸山が使っていた銃の部品がなくなってしまいます。八女(北村一輝)は全員で探すように指示します。あまりに小さいものなので見つかる気配もなく、「まじ迷惑…」「勘弁してくれよ」等のみんなのぼやき声が聞こえてきて、丸山は昔のことを思い出してしまいます。

丸山は前の会社で上司からひどいパワハラに遭っていて、「こんな単純なこともできないなんて。もういらないんだよ。お前の代わりなんていくらでもいるんだよ」など、たくさんのひどい言葉を浴びせられ、すっかり自己肯定感が低くなってしまったのです

見つけたのは馬場(佐野勇斗)でした。みんな、「ファインプレー!」と馬場を胴上げします。丸山は、同僚の高木が手柄を立ててみんなに囲まれているところを思い出していました。

馬場は丸山が元気がないことに気づいていて、気分転換にみんなをカラオケに誘い出します。しかし、肝心の丸山は来ませんでした。それでも、今まではみんなと関わろうとしなかった武藤(一ノ瀬颯)は、誘ったら来てくれました。

荒井が社長候補!?

荒井(佐藤寛太)は、父親が会いに来ていると呼び出されます。父親は、社長を退任して会長になることになり、長男の瞬が次期社長になる事が決まったそうです。「お前の持っている株なんだが、ここに骨を埋めるつもりなら、瞬に譲ったらどうだ?」

その時、小倉(池田永吉)は「荒井建設の社長を見てみたい!」とこっそり部屋の外でに来ていました。ちょうど2人の会話の「社長就任の話は着々と進んでいる。会社のために必要なんだ。考えといてくれ」と言うところから聞こえてしまいました。

小倉は、荒井が会社を継ぐのだと勘違いしてしまいます。

部屋に帰り、小倉が「荒井が社長になる」と他のメンバーに言いふらしてしまい、荒井は本当のこと言おうとしましたが、みんなが盛り上がっていて聞いてくれません。荒井がいなくなると寂しい宙は、わざと荒井に喧嘩を売ります。

丸山が自衛隊を辞める!?

丸山の昔の同僚の高木から連絡がありました。久しぶりに会ってみると、高木も同じく会社を辞めようとしていて、SEの仲間を誘って起業しようと思っているそうです。そして、高木は丸山のことも誘ってきました。

「あのブラック企業が悪かったんだ。お前みたいな能力のある奴が会社を辞めてしまうなんてもったいない。俺らはお前を必要としている」自分の能力を認めてくれ、何より自分を必要としてくれていることが、すごく嬉しい丸山。

あとで高木からメールで、「1人5百万円出資することになっている。まぁ、すぐにペイできるから」と軽く告げられました。もちろん簡単に決められる金額ではありません。しかし、ちょうど丸山の今の預金額は5百万円ちょっとありました。

この前のカラオケが楽しかった西(藤岡真威人)と武藤は、また宙を誘って来ます。宙は「おいボンボン!お前がおごってくれるなら行ってもいいぞ」と荒井を誘って、みんなでカラオケへ。

みんなでチューチュートレインを踊ります。その頃、丸山は全財産をはたいて、高木に投資しようと出かけていました。「お前を必要としている」と言う言葉があまりにも嬉しかったからです。

しかし、お金を渡しに待ち合わせ場所に行くと、高木が誰かと電話をしていました。丸山が来ていることに気づいていません。「丸山、5,000,000出せるって。馬鹿だよな。大丈夫、金を受け取ったらとんずらして、連絡先を抹消しとく」

高木は丸山に気づいてびっくりしますが、すぐに開き直ります。「ずっと思ってた。単純なこともできない。もういらない。お前の代わりなんていくらでもいる。金以外にお前を誘う理由ある?金出さないなら、もう用は無いから」

八女の言葉

丸山は、八女にすべてを話しました。すると、八女は宙が筋トレをしているところに連れていきます。

「あいつは、あっさりお前を抜いたわけじゃない。それだけの努力をしたんだ。自信はあるかないかじゃない。つけるかどうかだ。悔しかったら、あいつ以上の努力をしろ。それしか追い抜く方法は無い。

でも、見失うんじゃないぞ。大切なのは技術だけじゃない、強い精神力だ。お前が戦わなきゃいけないのは、自分自身だ。自分に負けるな!お前なら大丈夫だ!」それから八女はとことん丸山の筋トレに付き合います。それを見ていた馬場も加わり手伝います。

次の射撃訓練で、丸山と宙はいい勝負を繰り広げましたが、丸山は一発、的のど真ん中に当てていて、勝利となりました。

丸山は、馬場に訓練を付き合ってくれたことをお礼を言い、本当はここをやめようと思っていたことを持ち上げます。馬場は気づいていました。今までのことを話し、でもここに残る決意ができたと丸山は話します。

宙が「俺に勝ったと思ってるんじゃないだろうな!?次は絶対俺が勝つから!」と言いに来て、2人は手を取り合いました。馬場「もう一人、面倒なのが残ってるんじゃない?」

荒井もここに残る

宙は部屋に戻ると、いきなり荒井に喧嘩を売ります。そして「どっちが首席で卒業するか、俺と勝負しろ!」と挑戦状を突きつけます。「つまり、卒業まで一緒にいようって言ってるんだ」と馬場が通訳します。

しかし、「でも荒井はもうすぐ辞めちゃうのに…」とみんなはザワザワ。荒井は「受けて立ってやるよ!」と答えました。「荒井建設の社長の座を捨てちゃうなんてもったいないよ~」と言うみんなに、荒井は、会社は兄が継ぐこと、株を譲ったので、もう帰る場所はないことをみんなに話しました。

宙と冬美がいい感じ?

夜、ランニングに出ていた宙は、また冬美とぶつかります。「気をつけなさいよ」と言って冬美がまた走り出そうとすると、向こうからすごい勢いで車が走って来ます。ひかれそうになった冬美を、宙が抱きしめて助けました



テッパチ!第4話で話題になった場面

今日はいわゆる神回かもしれない、、 チューチュートレインとオーバーザトップ。 JAMのキレッキレの踊りを思い出しました。

待ってー!!、!! ちょっと待って、ガチで結構長く チューチュートレイン踊ってた…… へ???? ちょっと息止まってた

予告でやってたチューチュートレインのシーンを楽しみにしていた人も多そうですよね!ストーリー的には全く意味のないシーンでしたが、かなり長く尺取ってました!

八女さん みんなのお父さんだね #北村一輝 さん、素敵 自分に勝て それにつきるね 泣けてくる

八女教官がいてくれてよかったね… そしてほんと馬場くんいい子

強い精神力 自分に負けるな。 八女隊長 優しくて強い 馬場くん。いい奴だな

丸山を励ます八女教官の言葉がすごくよかったです!心が壊れかけている人間には、とても響きますよね。

制作サイドとしてはエンタメ色の強いイケメンドラマにしたいという強い意向がある一方、演者サイドは、そこは理解した上でリアリティも追求したいとなっているそうで、毎回のように現場での話し合い、調整が発生していると聞こえてきています。#テッパチ #町田啓太

やっぱなんか違う 今までだって大好きだったけど、今回からさらにパワーアップしてる気がする 北村さんもまっちーも、4回からだって言ってたもんな

ドラマ見始める前は、自衛隊のお仕事ドラマだと思っていたので、リアリティのなさが気になっていましたが、そろそろ慣れてきました。制作サイドは「エンタメ色の強いイケメンドラマ」を目指していたんですね。それならしょうがない。



テッパチ!第4話感想

今回、八女教官に惚れそうになりましたよ~♡ あんな風に、親身になって答えてくれて、良い言葉もくれる上司、本当にいいですよね。

これ、北村さんが先生で、イケメンたちが高校生(さすがに俳優を変えないといけないけど)だったら、もっとハマったかもしれません。ありがちだけど、やっぱり青春学園ドラマって好きなので。このドラマは最初は自衛官になるための訓練生はこんなことをしてるんですよと言うお仕事ドラマ的なものだと思っていたので、そこがあまりに薄く描かれていてがっかりな部分もありますが、イケメンたちがみんなでわちゃわちゃして、それぞれ悩み、良い教師に導かれて成長していく…と言う物語だと割り切れば、かなり楽しめるドラマなんじゃないかなと思います。

今日は八女さんだけじゃなくて、馬場くんの良さもすごく光ったけど、馬場君はいつもみんなに気を配ってすごくいい人で、宙が「ここは問題児ばっかりだな」と言っていたけど、馬場君だけが問題児じゃないんですよね。それだけに、途中で死なないか心配…。第一話で、バディーが死んだときのプレートを渡していたのが、どうしてもフラグに思えてしまって…この中で死んで1番みんなが悲しむのって、やっぱり馬場君なんじゃないかなぁと。そのためのいい人キャラでないことを願います。

ストーリーの盛り上がりとかはいいから、みんなで楽しくわちゃわちゃして、最後はみんなで卒業してほしいです!

 

 

テッパチ!第5話の次回予想

5話は男女合同訓練!?

宙は毎回冬美と「ドキッ!」となっているのに、女性訓練生が来たら、やっぱりテンション上がっちゃうんですね… (笑)。もう冬美とのラブパートいらないのに。

本当に、男子校のノリを楽しむドラマですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA