山口県阿武町誤送金

田口翔の経歴「夢は造幣局職員のはずが大麻常習者に」文春砲

taguchi-sho-keireki

山口県阿武町で町民に配られるはずの給付金4630万円が、田口翔さんに誤振込された事件。2022年5月18日に配信された週刊文春で、田口翔さんの驚きの経歴が明らかになりました。

田口翔さんの小学校の夢、中学校でのやんちゃぶり、その後のパチンコ漬けの日々など衝撃的な生い立ちなども判明。また、阿武町に引っ越してきた理由が「大麻栽培の為」と言われるのは事実なのでしょうか。

2022年5月18日に電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕され、名前や顔写真も公に公開された田口翔さんの生い立ちについて説明していきます。

田口翔さんがイケメンすぎると5chで話題!

田口翔さん卒アル写真はデマ!赤の他人がSNSで晒される恐怖!

田口翔さんの勤務先「農林水産省関係はデマ」阿武町はコンビニなし、スーパーは1軒のみ

田口翔さん現在はまだ山口県内の実家に潜伏中か

田口翔の経歴「小学校の夢は造幣局の職員」

taguchi-sho田口翔さんは、山口県の小学校を卒業。その時、田口翔さんの小学校の卒業アルバムには、かなりお金に執着している様子が伺えます。

  • 「もしもタイムマシーンがあったら」⇒ロト6の番号を未来に見に行く
  • 「もしも地球最後の日が来たら」⇒持ち金を使い果たす
  • 「将来の夢は」⇒造幣局の職員

taguchi-sho全ての質問事項に関して、全て「お金にまつわる」答えで答えています。この卒業アルバムからの答えからも、田口翔さんがかなりお金に執着している事が分かります。田口翔さんの母は、父と離婚済。その為、母子家庭で育っています。

「朝方5時になると作業の車が迎えに来て、汚れた作業服のつなぎを着て乗っていく毎日でした。母親はパソコン作業をする仕事。朝から夕方まで休まず働き、子供たちを育てていた。月1500円の駐車場代も払い忘れることがなかった」(引用:週刊文春オンライン)

田口翔さん一家は、2012年頃山口県市内の市営アパートに引っ越し。田口翔さん、母、5歳年下の妹と3人で、家賃3万円で暮らしていました。お金に苦労して育ってきたため、かなりお金に執着していたのでしょう。



田口翔の中学時代「典型的なヤンキー」

taguchi-sho田口翔さんの中学の卒業アルバム(引用:週刊文春オンライン)

田口翔さんは、小学校卒業後中学校に入学。応援団のメンバーとして活躍し、中学の後輩からも「かっこいい」とモテていました。しかし、中学校3年生になると急変。ちょうど両親が離婚した頃でしょうか。

  • ヤンキー仲間とつるんでタバコを吸う
  • 酒を飲み始める
  • 卒業式には金髪で出席

「中学でAは応援団のメンバーとして活躍。後輩から『かっこいい』とモテていた。でも、中学3年になるとヤンキー仲間二人とつるんで煙草を吸ったり、酒を飲んだりするようになった。卒業式には金髪で登場して、先生に注意されていた」(田口翔さんの小中学校の同級生)

両親の離婚が原因で荒れたのか、どんどんとグレてまさに「The・不良」の典型的な型にハマっていきます。また、ただイキってるだけではなく、犯罪行為にも手を染めていったといいます。

  • 資産家の子に、2万円のエアガンを買わせる
  • 田口翔さんと遊ぶたびに、10万円消えていく
  • 漫画、アクセサリー、釣り具を万引き

資産家の親は、「あの子と遊ぶたびに10万消えるのはおかしい。警察に相談しようかしら」と話していたようです。また、万引き行為も手慣れたもので、ゲートセンサーに引っかからないように堂々と行っていたと友人が証言をしています。



田口翔は高校中退後、土木建築会社に勤務

taguchi-sho田口翔さんは、中学校を卒業後、山口県内の県立高校に入学。その後、間もなくして中退。そして、ヤンキー仲間に紹介され、土木建築会社に勤務していました。ヤンキー上がりの人特有のとび職です。

朝5時には作業の車が迎えに来て、毎日サボることなく仕事に励んでいた田口翔さん。汚れた作業着を着て、毎日汗水たらし家計を助ける為に働いていたのでしょうか。職場での評判はとてもよく、給与も日給1万円以上は稼いでいたようです。



田口翔はパチンカスから麻薬常習者へ

taguchi-sho

毎日汗水流して働いていた田口翔さんですが、2020年頃からパチンコ店に入り浸り「パチンカス」と呼ばれるような生活を送っていたようです。この頃から、田口翔さんはロン毛だったとも言います。

「店で会うと『ほぼ毎日来てる。昨日は10万負けたけど』と言うほどのパチンコ中毒。以前は主流のミドルスペックの台で打っていたのに、あるときから大当たりが出やすいが出玉も少ない甘デジを打つようになり、『給料では補えないくらい負けてるわ』と話していた。仲の良いパチンコ仲間は泥沼を抜け出せたが、Aはいつまでも止められなかった」(田口翔さんの小中学校の友人)

田口翔さんが、パチンコ店を訪れるのはほぼ毎日。日によっては1日で10万円もスってしまう日もあったようです。大当たりが出やすいが出玉も少ない甘デジにハマり、負ける額が給与の額を超えてしまう事も多かったと言います。

taguchi-shoまた、田口翔さんは、地元の仲間と『マンチーズ』というグループを作り、大麻を愛用していたと言います。給料のほとんどを大麻につぎ込み、給与を前借するほど大麻にのめり込んだとも報じれています。

「Aはとことん突き詰めるタイプで『贅沢はいらないけど、大麻が大好き』だと。給料は殆ど大麻につぎ込み、給料の前借りまでして、のめり込んでいった。『オーストラリアは合法だから行きたい。沖縄もいいっすねえ』と話していた」(引用:週刊文春オンライン)

実は、田口翔さんが阿武町に引っ越してきたのも、のめり込んだ大麻の為だと言います。人に見つからずに大麻を栽培できる場所を探し、萩市などの物件を見て回った上で、今の阿武町に家に決めたようです。

「家賃は2万5000円で、滞納したら出て行ってもらう約束だったが、遅れることはなかった。プランターにトマトなんかを栽培していた。ツルなんかがあるけど、あれは何作ってたんやろか…。」(田口翔さん宅の大家証言)

このように田口翔さんの大家さんが語っているように、プランターにトマトやキュウリなどと併せて、大麻栽培も試みていたのでしょうか。大家さんが目撃したツルのあった植物は、大麻の葉っぱだったのでしょうか。

2021年夏には「マンチーズ」の仲間が、大麻取締法違反容疑で山口署に逮捕されています。この時、田口翔さんはの元にも警察が来たに違いありません。証拠隠滅を図る為に、プランターで育てていたものは、すぐに廃棄したのかもしれませんね。

田口翔のプロフィール

taguchi-sho

名前:田口翔(たぐち しょう)
生年月日:1997年(2022年5月現在24歳)
出身地:山口県山口市
職業:萩市ホームセンター(退職済)
母子家庭育ち、兄弟は5歳年下の妹が1人



田口翔さん預金残高が665円だった

taguchi-sho阿武町に「空き家バンク」を利用して、移住を決めたと言われていた田口翔さん。実は誤送金で4630万円の給付金が入る前の、田口翔さんの預金残高は665円。財布にどれだけの現金が入っていたかは分かりませんが、毎月自転車操業だったのが分かります。

2022年4月8日に阿武町から4630万円が誤振込される前の、田口翔さんの預金残高は665円。萩市のホームセンターで正社員として働いていた為、約25万円程の給与をもらっていました。

家賃は2万5千円で1人暮らしの為、自分の為に自由に使えるお金は多くあったように思えます。しかしながら、給与の大変をパチンコに大麻に費やしていた田口翔さん。いきなり自分の口座に4630万円のお金が入ってしまったのを見て、「これはチャンス」と思ったに違いありません。

taguchi-sho田口翔さんの口座の出納記録を見てみると、2022年4月8日に阿武町から入金後、その日中に67万円をデビットカードで決済。その後も、2022年4月19日までの11日間にわたり、34回資金を出金させています。

田口翔さんは弁護士を通じて「ネットカジノで全額すった」と話していますが、果たしてこの話は本当なのでしょうか。この出納記録を見る限り、仮想通貨へ換金し、そのまま資金としてプールしている可能性も高いです。



田口翔さんと弁護士の関係が怪しい

taguchi-shoそもそも、2022年4月18日には既に預金残高が6万円にまで減っていた田口翔さん。弁護士は2022年5月13日に正式に依頼を受けたと話していた事から、お金がほぼない依頼人の弁護士についたことに疑問が残ります。

弁護士が記者会見で田口翔さんとの関係を聞かれたところ、「元々知り合い」と答えていた事もあり、田口翔さんとグルなのではないか?などの噂も出ていました。また、弁護士が本物かどうか怪しいとの声もあがっていました。

taguchi-shotaguchi-shoそれは、田口翔さんの弁護士の服装。スーツの後ろからシャツが出ていたり、袖が長すぎたり。弁護士は普段スーツを着なれているはずなのに、このスーツの着こなし方は偽物なのでは?などと、疑われる事態に。

taguchi-shoしかしながら、弁護士の方が会見していた様子を見ると、しっかりと弁護士バッチを付けているのが確認できます。また、現在田口翔さんは誤って振り込まれた4630万円を返すと話しており、謝罪の意向を示しているということです。

元々は、「なんで自分が悪者扱いされるんだ」「返す意向はない」と話していた田口翔さんの心を変えたのは、この弁護士のおかげではないでしょうか。このように、田口翔さんの弁護士は阿武町と田口翔さんを救いたいという気持ちだけで依頼を引き受けたに違いありません。

田口翔さんがイケメンすぎると5chで話題!

田口翔さん卒アル写真はデマ!赤の他人がSNSで晒される恐怖!

田口翔さんの勤務先「農林水産省関係はデマ」阿武町はコンビニなし、スーパーは1軒のみ

田口翔さん現在はまだ山口県内の実家に潜伏中か

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA