芸能人・著名人

真空ジェシカ・ガクの学歴は中学校から青山学院!?実家がお金持ちなのか調べてみた!

高学歴芸人としても有名なお笑いコンビの「真空ジェシカ」

中でもツッコミ担当のガクさんは中学校から青山学院に通っていたと噂です!

そこで、真空ジェシカ・ガクさんの学歴は中学校から青山学院なのか?

また、ガクさんの実家はお金持ちなのか、調べてみました!

真空ジェシカ・ガクの学歴は中学校から青山学院!?

真空ジェシカ②

お笑いコンビ「真空ジェシカ」のガクさんは、メガネとマッシュルームヘアが特徴です!

また、高学歴芸人として芸人仲間やファンの間では有名なんです!

では真空ジェシカ・ガクさんの出身校はどこなのか、見てみましょう!

真空ジェシカ・ガクの出身中学

ガク②

真空ジェシカ・ガクさんは、青山学院中等部出身!

中等部の偏差値は69~73と高いです。

ガクさんは小学校時代から塾に通い、中学受験の対策をしていました。

本当は慶應義塾中等部を目指しており、塾でも”慶應対策コース”で日々勉強されていました。

しかし残念ながら不合格。

そうして合格した青山学院中等部に入学されたそうです。

どちらにしろレベルの高かったことがわかります!

青山学院は幼稚舎からある学校のため、エスカレーター式であがってきた生徒も多く、すでに友達関係が形成されています。

そのため中学から入学したガクさんは、内部入学(エスカレーター式)した周囲の人たちとあまりなじめなかったようです。

また、ゲームサイトのアカウントを乗っ取られる「サイバーいじめ」も受けていたと話しています。

友達ともなじめず、ゲームの世界でもいじめにあっていた中学時代は辛かったのではないでしょうか。

真空ジェシカ・ガクの出身高校

ガク⑨

真空ジェシカ・ガクさんの出身高校は、中学と同じく青山学院高等部です。

偏差値は72とレベルの高い学校です。

青山学院高等部は中高一貫校で、東京都渋谷区にあります。

内部進学生と外部新入生が混合されたクラスを編成する併設型となっています。

卒業生には、尾崎豊さんや星野真理さん、加藤シゲアキさんや高橋克典さんなどがいます。

ガクさんは中学受験して入学していたため、エスカレーター式の内部進学で入学しました。

高校時代のガクさんは、お笑いコンビ「マジカルラブリー」に憧れていたそうです!

テレビでマヂカルラブリーさんを見て、マヂラブさん目当てで∞ホールに行ってました。ヘンなことする人が好きで、今まで見たことないネタをするのが衝撃だったんだと思います。

と、マジカルラブリーへの想いも話していました。

もともとお笑いが好きだったかはわかりませんが、高校時代からお笑い芸人への憧れはすでにあったとも話していました。

高校時代の同級生にも“自分は人を笑わせて幸せにしたい!”と言っていたそうです。

お笑い芸人の夢がかなった時、その友人が舞台を見に来てくれたようです!

真空ジェシカ・ガクの出身大学

ガク③

真空ジェシカ・ガクさんの出身大学は青山学院大学経営学部です。

青山学院大学は難関私立大学の「MARCH」の1つ。

中でもガクさんが通っていた経営学部の偏差値は62.5あり、青山学院大学内では2番目に難しい学部です。

青山学院大学は渋谷にあり、オシャレなキャンパスも魅力の1つです。

そのため志望する学生は多く、倍率は毎年かなり高くなります。

ただガクさんの場合、大学受験で高い倍率を勝ち抜いてきたというわけではなく、中高から入学していたためエスカレーター式の内部進学で入学しています。

中学受験の際かなり頑張っているので、高い倍率を勝ち抜いてきたことに変わりません!

ちなみにガクさんは学生時代、兄妹と間違えられるほど顔が似ている女性と交際していたそうです!

どんな女性だったのか、少し見てみたい気もします!

また、スレンダーな体型から女性と間違われたのか、満員電車でお尻を触られるという痴漢をされたこともあるそうです。

真空ジェシカ・ガクの出身小学校

ガク④

真空ジェシカ・ガクさんの出身小学校については、公表されていませんでした。

当時の詳しいエピソードはわかりませんが、「家庭内では暗かったけど、学校はとても楽しくて面白かった」とガクさんが明かしています!

真空ジェシカ・ガクのプロフィール

ガク⑥

名前:川俣 岳(かわまた たける)

生年月日:1990年12月3日

出身地:神奈川県

身長:172cm

体重:49kg

血液型:B型

趣味・特技は妖怪の知識

立ち位置:左、ツッコミ・嘆き担当

マッシュルームカットと丸眼鏡が特徴です!

ガリガリの体型で、弱々しく「痩せちゃう」と発する持ちギャグがあります。

真空ジェシカ・ガクの実家はお金持ちなのか調べてみた!

ガク⑧

中学受験で青山学院に入学した真空ジェシカ・ガクさん。

中学受験させるということは親が教育熱心であるんだと思います。

また、中学から大学まで私立校に通わせられる家庭ということは、お金持ちなのでは?ということが想像できます!

ガクさんのお家はお金持ちなのでしょうか?

結論から申し上げますと、実家についてはわかりませんでした。

というのも、ガクさんは家族との仲が悪いわけではありませんが、反抗期から戻るタイミングを失ったため「はい」「いいえ」の返答でしか会話をしていないそうです。

そのため、ガクさんが家族について話すことはほぼなく、情報も見つけることができませんでした。

そこで!

中学から大学まで私立校に通わせた場合に掛かる費用を調べてみました!

まず、もし中学から大学まで慶應に通っていたとすると

中学時代:356万円

高校時代:322万円

大学時代:479万円 合計1115万円

このぐらいかかることが予想されます。

ガクさんが通っていた青山学院の費用はというと

中学時代:365万円

高校時代:315万円

大学時代:497万円 合計1177万円

こんなにもかかるんですね!

詳しくは進学する学部や部活動の有無等によっても多少前後しますが、大まかにはこのような金額が考えられます。

どちらにしても、これだけの金額を払えるということは、実家が裕福な方だったのではないかと考えます!

では、大学まで勉学に勤しんでいたガクさんが、お笑い芸人の道を目指したのはいつからだったのでしょうか?

真空ジェシカ・ガクがお笑い芸人になったきっかけ

ガク

高校生の頃からお笑い芸人への憧れがあった真空ジェシカ・ガクさんですが、実際にお笑いに触れたのは大学のお笑いサークル「ナショグルお笑い同好会」に所属したことがきっかけです!

当時は福田くんと「玉露Gメン」というコンビを組んでいました。

ライブ活動やお笑いD-1グランプリ、お笑いインカレなどの賞レースにも積極的に活動していたそうです。

ただ、ガクさんはもともとお笑い芸人になるつもりはなく、大学卒業後は就職を考えていました。

芸人よりも裏方に興味があり、大学2年生の頃よしもとクリエイティブカレッジ(YCC)にも通っていたそうです!

他にも、メガネをかけているという理由だけでメガネ屋に就職しようとも考えていました。

しかし就職活動はなかなか思い通りにいかず全社落ちてしまいます。

進路を悩んでいたときに、現在の相方・川北茂澄さんと出会います!

川北茂澄さんから「コンビを組もう」と声を掛けられ、2011年1月15日から「真空ジェシカ」(当時は川北コンビ)としてお笑いの道に進み始めました!

真空ジェシカ③

コンビ結成後すぐに出場した「第1回漫才を愛する学生芸人No.1決定戦」で決勝進出を果たし、プロダクション人力舎から「うちに入らないか?」とスカウトされ、プロのお笑い芸人になりました!

ガクさんはもともと「ガクカワマタ」という芸名で活動していましたが、2020年8月8日に現在の「ガク」さんに変更しています。

まとめ

今回は真空ジェシカ・ガクさんについて調べてみました!

・中学から大学まで青山学院に進学している

・家族についての情報はないが、裕福の可能性が高い

・就職活動があまりうまくいかず、そのときに出会った川北さんとお笑い芸人を目指した

ガクさんが小学生の頃から努力してきたことがわかりました!

これからも高学歴芸人として活躍の場を期待しています!