TV番組

真犯人フラグ・もう1人の死体は誰!?真帆では絶対ない3つの理由!

真犯人フラグ

2022年2月13日に放送した真犯人フラグ16話。

16話で話題になったのが

  • コージーの超絶アクション
  • バタコと本木のダブル逮捕
  • 死体が2つでてきたこと

でした。

今回この記事では、16話で視聴者が一番気になった、出てきた死体2体のうち、中村充ではないもう1人の死体は誰?

という点について考察してみます。

真犯人フラグ・もう1人の死体は誰!?

ドラマ「真犯人フラグ」の16話では、宗教団体かがやきのせかいのにあった2体の死体。

1体は、中村充であることが分かっていますが、もう1体の死体は誰なのでしょうか?

菱田の元旦那

菱田は離婚してシングルマザーという設定の為、別れた旦那がいますが、まだ劇中にはでてきていません。

その為、菱田が殺していた元旦那がもう1人の死体である可能性もあるかもしれません。

また、ナイツの塙さんが真犯人フラグに出演が決定。

その為、菱田の元旦那役として、ナイツ塙さんが出てくる可能性もあるかもしれませんね!

ぷろびんの相方

もう1人の死体は、ぷろびんの相方という説もあります。

しかし、宗教団体が死体を掘り起こしている時に隠し撮りしていたのが、ぷろびんの相方のカメラマン。

今回は、その埋めた死体2体が掘り起こされていると考えられるので、撮影をしていたぷろびんの相方である可能性は低いのかもしれません。

背丈的にも、林では?

という声も多いようですね。

林の上司

林の上司も既に亡くなっています。

その為、林の上司説もあります。

しかし、2体の死体は”バタコの影”と言われている為、林の上司とバタコとの関係が謎です。



真犯人フラグ・もう1人の死体が真帆では絶対ない3つの理由!

ドラマ「真犯人フラグ」16話にでてきた、中村充ともう1人の死体。

菱田の元旦那、ぷろびんの相方、林や林の上司では?との声以外に、真帆ではないか?との声も多くあがっています。

しかし、もう1人の死体が真帆ではない理由が大きくわけて3つあります。

では、1つずつ見ていきましょう。

光莉の美容室の予約を真帆がいれたから

真犯人フラグ16話ででてきた、もう1人の死体が真帆ではない理由その1は、光莉の美容院の予約を真帆がいれているからです。

もし、真帆が既に死んでたら、この予約をすること自体が不可能なので、死体は真帆ではないと言えそうです。

物語が終わってしまうから

真犯人フラグ16話ででてきた、もう1人の死体が真帆ではない理由その2は、物語が終わってしまうからです。

もし、真帆が死体だった場合、結局誘拐された家族が殺されてしまったというバッドエンドで物語が終わってしまいます。

最終話迄あと4話あると考えると、ここで真帆の死体が出てくる事はないのかなと考えられそうです。

真帆役が宮沢りえだから

真犯人フラグ16話ででてきた、もう1人の死体が真帆ではない理由その3は、真帆役が宮沢りえさんだからです。

真帆役に宮沢りえさんを起用していながら、宮沢りえさんが出演されたのは最初の数話のみ。

特別出演的な役割でないかぎり、この使い方はありえないですよね。

わざわざ、真帆役に宮沢りえさんを起用しているので、最後の最後にどんでん返しがあると考えられる。

そうなると、まだ真帆は生きている=もう1人の死体は真帆ではないと考えられそうです。



まとめ

真犯人フラグ16話で出てきたい2体の死体。

一方は、中村充でしたが、もう1人は誰なのか話題になっていました。

SNS上では色々な意見がでていましたが、誰なのでしょうか?