オールドルーキー

オールドルーキー1話あらすじ・ネタバレ「サッカー選手をクビ・どん底の新町を救ったのは」

オールドルーキー1話あらすじ・ネタバレ

2022年6月26日(日)21:00より放送が開始したドラマ「オールドルーキー」。綾野剛さん演じる新町がサッカー選手を首になり、第二の人生に奮闘する物語になっています。

この記事では、2022年6月26日(日)に放送されたオールドルーキー第1話のあらすじ・ネタバレをまとめています。

オールドルーキー第1話あらすじ

オールドルーキー第1話のあらすじを紹介します。

元サッカー日本代表の新町亮太郎(綾野剛)は37歳で選手としてのピークは過ぎたものの、J3に所属するチーム「ジェンマ八王子」で活躍していた。しかし、ある日「ジェンマ八王子」の解散が突然告げられる。そして、移籍先が見つからなかった新町は、現役引退を余儀なくされてしまう。

住宅ローンも残っているし、10歳と5歳の娘の教育費がかかるのはこれから。新しい仕事に就こうとするも、サッカー関係の仕事は軒並み断られてしまい、ハローワーク通いを始める。そして一般的な職に就くものの、サッカー以外になにもやってこなかった新町は仕事の厳しさに直面する。

仕事がうまくいかず悩む新町だったが、それは家庭にも影響を及ぼす。パパが自慢だった娘たちには引退したことを隠していたのだが、娘たちが異変に気付き親子仲に亀裂が生じてしまう。ただ、妻の果奈子(榮倉奈々)は新町が新しい仕事に挑むことを応援してくれていた。

そんな新町に、「ビクトリー」の社長・高柳雅史(反町隆史)があるきっかけで、「うちで働いてみないか?」と声をかける。「ビクトリー」は新町が「ジェンマ八王子」解散のあと、移籍の相談をしたスポーツマネージメント会社だ。喜んで働き始めた新町に、高柳は若くて優秀な深沢塔子(芳根京子)と組むよう指示を出す。

「ビクトリー」での新町の初めての任務は、ドイツで活躍するサッカー選手、矢崎十志也(横浜流星)の日本滞在中のサポート。しかし、矢崎と新町にはとある因縁があり、しかも矢崎は次々と無理難題を吹っかけてくる。家族のために、引くに引けない新町は塔子と協力して、この難題を乗り越えることができるのか!?

表舞台の選手から選手を支える裏方へ――。
セカンドキャリアで懸命に生きる新町の第二の人生がスタートする!

引用:オールドルーキーHP

37歳で現役引退、表舞台から姿を消さざるを負えなくなった主人公新町亮太郎が家族のために、スポーツマネジメント会社「ビクトリー」で働きます。最初の仕事は、ドイツで活躍選手の矢崎十志也(横浜流星)とのマネジメント契約をすることでした。

しかしながら、矢崎は無理難題を迫り話はなかなか進みません。そこで新町や塔子(京子)はどういう作戦で立ち向かうのか2人で組んで考えます。そんな中でも、新町は娘に自分がサッカー選手を辞めた事を打ち明けられずにいました。

娘は新町がサッカー選手で生き生きと活躍する姿がとても大好きだったのです。仕事でも家族間でも新町は悩み苦しんでいました。妻果奈子(榮倉奈々)に励まされてまた奮い立たされる場面もありました。

1話では人を大切にできる熱意のある新町や家族愛をテーマに思い悩んでいくシーンが多いです。新町が今回の仕事を成功させるために一体どんな行動をとったのか必見です。



オールドルーキー第1話ネタバレ

ここからは、オールドルーキー第1話のネタバレです。

新しい職を得たと思ったら、一転

塔子(芳根京子)と一緒に矢崎(横浜流星)に会いに行った亮太郎(綾野剛)。実は、矢崎は亮太郎の高校の後輩でした。「スポーツ界ではOBは神のようなもの!この契約もらった!」と大喜びの塔子。

しかし、今では立場が逆転してしまっているため、亮太郎は全く矢崎に強い態度に出れません。それどころか、矢崎は昔と違ってかなりわがままな性格に変貌しており、すごく嫌な奴。

練習場所や練習相手の調達はまだしも、「ドイツに帰るまでの3週間の間でCMをとってきて。イメージの良い一流企業で、ギャラは50,000,000円以上じゃないとやらないから」と無理な注文までしてきます。

矢崎との交渉に、亮太郎が何の役にもたたなかったことを知り、高柳(反町隆史)は「やっぱりオールドルーキーは使えないな」とあてが外れてしまいます。高柳が突然亮太郎をスカウトしたのは、矢崎との交渉に使えると思ったからだったのです。

焼き肉屋でバイトすると意外な事実を知る事に

結局、亮太郎(綾野剛)が使い物にならないと考えた高柳(反町隆史)は、とりあえず自分の契約している元スポーツ選手の経営している焼き肉屋のスタッフとして働くように亮太郎に命じます。

客から、「あれ、新町亮太郎じゃない?今、こんなところで働いてるんだ…」とヒソヒソと噂され、なかなか辛い。そんな時、偶然客として、矢崎(横浜流星)が1人で焼肉を食べに来ていました。矢崎は“オフモード“で、交渉で話した時よりもいくらか物腰が柔らかい。

「新町さんも一緒に食べましょうよ」とオーナーに許可を取ってくれて、2人で一緒に焼肉を食べることに。そこで、亮太郎は矢崎の本音を知ることになります。

ドイツでプレイする矢崎。海外では、みんな自分は王様だと思っているような選手が世界中から集まってきます。そんな中で「謙虚にしてたら、レギュラーなんて取れない。チームメイトは、みんな敵だ」という孤独と焦りが、矢崎をこんなわがままで傲慢な性格に変えていたのです。

そして、サッカーで充分稼いでいるはずなのに、高額なCM料にこだわるのは、「お金でしか、自分が認められていると測れないから」と悲しいことを言うのです。亮太郎は、矢崎のドイツでの試合を朝までかけて全て見ました。それでわかったことがあります。

最近矢崎は、後半の数十分しか出られないサブへと成り下がっていたのです。そんな焦りもあって、矢崎は必死に自分のプライドを守ろうとしていたのです。亮太郎は「もう一度矢崎にプレゼンをさせてほしい」と高柳に申し出ます。

亮太郎が本領発揮、そしてチャンスを掴む

昔から矢崎のことをよく知っている亮太郎は、練習相手や良いトレーナーを見つけてきました。そして、CMの話も取ってきました。 矢崎の希望している金額は払えませんが、介護用品の会社で、矢崎のイメージに合った企業です。

亮太郎「どれだけの子供たちが、お前を憧れの目で見ていると思ってるんだ?本当はお金じゃないんだろう?お前は、自分が思っている以上に、影響力のある現役アスリートなんだ!」実は、矢崎にサッカー選手を目指させたのが、亮太郎でした。

亮太郎は高校サッカー時代に注目され、そんな亮太郎の姿を見て、矢崎は追いかけて同じ高校に入ってきたのです。いつの間にか自分の方が追い越してしまって、亮太郎が引退して裏方に回ったことを知り、憧れの人のそんな落ちぶれた姿を見たくなくて、あんな態度をとってしまったのです。

「自分史上、最高のサッカー選手は新町さんです。いい仕事を見つけましたね、新町さん」こうして、矢崎とビクトリーは契約成立。その後、高柳は「新町は矢崎を落とすためのピンポイントリリーフだ。もう必要ない」と切ろうとしていました。

しかし、亮太郎の仕事への熱意に可能性を感じていた塔子が「彼はもっとできると思います!」と高柳に直談判。高柳は、契約社員としてもう少し亮太郎にチャンスを与えてくれることを決めたのでした。



オールドルーキー第1話感想

最初のサッカーのシーンで、本物のサッカー選手の大久保嘉人、加地亮、坪井慶介、那須大亮、秋元陽太が出ていました。また、サッカー解説者の声も松木さんでサッカー好きの方にはたまらない演出でしたね。

私自身もサッカーが大好きなので、CG?え!本物のサッカー選手出てるよ!と、「めちゃくちゃ話題になりそうじゃん!」とワクワクしました。また、キャストだけでも豪華な上にゲストもとても豪華でした。

なんと言っても話題になったのが、矢崎役の横浜流星さん。オールドルーキー第1話のシークレットゲストでもあったので、横浜流星さんが出てきた瞬間、Twitterがとても湧いてました。横浜流星さんのサッカー姿もとてもカッコ良かったです。

また、途中で出てきた焼き肉屋のオーナーは、元野球選手の大魔神佐々木さん。しかも焼き肉屋の名前が「肉の大魔神」で遊び心もありましたね。1話ごとに出てくるゲストが魅力的なこのドラマですが、SixTONESの田中樹さんが出演する噂があるので楽しみです。

このドラマを作るにあたって、いろいろなスポーツ選手に取材をしたと言う話もあります。いつも輝かしい舞台に立っているスポーツ選手ですが、引退に迫られた主人公や、主人公が関わっていく現役アスリートの孤独や苦しみなども描かれています。

第1話はゲストがサッカー選手でしたが、色々なスポーツ選手が興味を持って見れる内容にもなっているのではないでしょうか。また、元サッカー選手である新町亮太郎役の綾野剛さんの熱い演技にとても心打たれるものがありました。

どん底から努力を積み重ねて這い上がっていくサクセスストーリーが好きな人にはぜひおすすめしたいドラマです。これからご覧になる方も、現在見ている方も1話完結なのですぐに物語に入れるのでぜひ見て欲しいなと思います。



オールドルーキー第2話の次回予想

オールドルーキー第2話では、新町亮太郎(綾野剛)が塔子(芳根京子)と再び組んで、今回は「9才スケートボード選手を獲得」するように社長(反町隆史)から命じられます。

そこで、さっそく少女の父親でありコーチの悠一(桂宮治)を説得しなければなりませんが全然新町たちの話を聞いてくれません。

そんな中、新町の長女泉実(稲垣来泉)は新町がサッカー選手を辞めた事を受け止めきれずにいます。新町自身も悩み、サッカーへの未練もあって葛藤していました。

こうした負のスパイラスが渦巻いていますが、新町を取り巻く家族や会社の仲間たちと触れ合っていく事で、どう新町がこの難題を解決していくのかが物語の鍵となるでしょうね。

オールドルーキー第2話は、9歳という少女のスポーツ選手に触れる事で、新町自身も自分の子供との関係性に新たな側面が見えてくるのではないでしょうか。

目が離せない感動ストーリーになることが予想されます。他にもまだ明かされていない女子スケボー選手役をやる9才の子役が誰なのかや、物語以外にもたくさん気になる所があるので要チェックです。

また、オールドルーキー第2話では、新町がビクトリーと言う会社でいろいろなスポーツ選手と関わっていろいろな思いを知り、最終的には、「もう一度サッカー選手に挑戦する!」と言う答えを出すのかもしれません。

毎回1話完結で、いろいろなスポーツ選手の苦悩に亮太郎が真摯に向き合っていく…と言うストーリーになりそうです。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA