魔法のリノベ

魔法のリノベ1話あらすじ・ネタバレ「小梅と玄之介コンビの初仕事は」

mahou-no-rinobe-1-arasuji-netabare

”ワケあり”で転職してきた波瑠さん演じる敏腕営業と、舞台となる「まるふく工務店」の長男でありながら営業成績いまだゼロのダメダメ営業マンの凸凹コンビで描くお仕事ドラマ「魔法のリノベ」。

依頼人のお悩みを部屋のリノベーションという”魔法”で解決すべく、二人が試行錯誤しながらスカッと華麗に解決に導く人生リノベーションお仕事ドラマです。

こちらでは7月18日(月)夜10時スタートのドラマ魔法のリノベの1話ネタバレあらすじや感想などを書いていきたいと思います。

魔法のリノベ第1話あらすじ

福山玄之介(間宮祥太朗)は、バツ2で7歳の息子・進之介(岩川晴)を育てるシングルファザー。脱サラして家業の『まるふく工務店』で営業職として働くも、人の良さからくる押しの弱さでいまだ成約ゼロ。父で社長の蔵之介(遠藤憲一)や、福山家の三男で設計士の弟・竜之介(吉野北人)から、営業マンとしての将来を不安視されている。

そんなある日、蔵之介が趣味の山登りで知り合い、意気投合したという真行寺小梅(波瑠)が、助っ人として『まるふく工務店』に転職してくる。小梅は、経験に基づいた豊富な知識と優れた観察眼を武器に、大手リフォーム会社の営業エースとして活躍。玄之介も、その手腕にかつて苦い思いをした一人だった。

小梅が玄之介の教育係を兼ねる形でコンビを組むことになった2人は、早速、リノベーションの見積もり依頼があった家へ。向かったのは、西崎万智(中山美穂)・和則(寺脇康文)夫妻が暮らす築60年の一軒家で、和則は、昔ながらの間取りや縁側など古いものを一掃し、広々としたリビングと和モダンのキッチンを作りたいと意気揚々。

玄之介は、家主である和則がリノベーションに意欲的なことから、早くも成約への手応えを感じるが、一方の小梅は、営業マンとしての玄之介を0点と酷評する・・・。

後日再び西崎家を訪れると、そこには、上司の有川拓(原田泰造)に命じられて相見積もりに来た、小梅のかつての後輩・久保寺彰(金子大地)の姿が。小梅は久保寺を見て明らかに動揺して!?(引用:魔法のリノベ公式HP

このドラマでは、毎回依頼人としてゲストが登場します。第1話は中山美穂さんと寺脇康文ということで、豪華ですね!依頼人の希望は”和モダンキッチン”。

私は、住宅のビフォーアフター番組が大好きなので、どんな部屋にリノベーションされるのかもとっても楽しみです!



魔法のリノベ第1話ネタバレ

ここからは「魔法のリノベ」1話のあらすじを書いていきます。

片付けが苦手なダメ主婦を救うリノベ

真行寺小梅(波瑠)は、大手住宅会社『グローバルステラDホーム』のリノベーション本部の営業のエース。片付けが極度に苦手な専業主婦の佐竹優香(森カンナ)と、夫の総一朗(橋本淳)からキッチンのリノベーションの依頼を受けます。

流行のアイランドキッチンを取り入れたものの、キッチンが洗い物やゴミで溢れかえって、お客さんが来たときに汚いキッチンが丸見えになってしまうと言う悩みを持っています。

優香は、自分は”ダメ主婦”だとかなり自己評価が低く、総一郎は「適正ってものがあるから仕方がないよ」と優しい言葉をかけつつも、暗に「キッチンが汚いのは、妻の優香が片付けられないからだ」ということを潜在的に植え付けるモラハラ風夫。

夫は今のLDKをLDとKに分けたいと言っていて、一般的なリノベーションとは逆の要望を出してきます。汚いキッチンを妻ごと隠そうとしている感覚が、やはり「モラハラっぽい」と感じた”まるふく工務店”のメンバーたち。

社長の蔵之介(遠藤憲一)は、「汚いキッチンが嫌なら、2階でコンビニ弁当でも食ってろって旦那に言っておけ。それで解決だ」とピシャリ。しかし、実際そんなことを言ったら仕事にならず、蔵之介の長男で最近まるふく工務店の営業となった玄之介(間宮祥太朗)は夫婦の要望に合った提案。

佐竹夫婦との打ち合わせの途中からグローバルの営業の小梅(波瑠)と久保寺(金子大地)が入ってきて、突然プレゼンを始めます。佐竹夫婦はまるふく工務店とグローバルに相見積もりを頼んでいたのです。

小梅たちが提案したのは、”ペニンシュラ型キッチン”。カウンターがつくことによって作業スペースが広がり、ごみ箱はペダルでワンタッチ。リビングからは見えないので調味料を出しっぱなしにできます。

しかし、ドアはキッチンの横から入ってくる位置についているため、お客さんが入ってきたときにやはり汚いキッチンが丸見えになってしまいます。そこで小梅は、「この家の一番の問題点は、ドアの位置なんです!」と、関からリビングへの直通ドアを作ることを提案。

優香にとっての理想のキッチンは“完璧な城“ではなく、“夫婦が一緒に作業できる場所“。バリバリの共働きでも、ストレスなく使えるキッチンなのです。「それが嫌なら、2階でコンビニ弁当でも食べててね?」。

優香が総一郎にビシッと言って、佐竹夫婦は小梅たちのプランに決めたのでした。

築60年の古い和風住宅を”和モダン”にリノベーション

しかし、そんな小梅が、なんとまるふく工務店に転職してきます。なんでも、「人間関係でやらかした」とのことですが、詳しくは語りません。

大手でエースとしてやってきた小梅が、まるふく工務店で働き始めてからまだ営業成績ゼロの玄之介の教育係としてコンビを組むことに。

二人の最初の仕事は、夫の西崎和則(寺脇康文)と妻の万智(中山美穂)。二人が住んでいるのは、築60年の古民家。昭和にタイムスリップしたような家です。

リノベーションに意欲満々なのは和則で、「キッチンと和室4部屋をぶちぬいて広いLDKにしたい。リビングを広くするために、縁側もなくしても構わない」と要望。

和則はアイランドキッチンのある”和モダン”キッチンに憧れています。しかし、万智は終始ノリ気ではない様子。打ち合わせの帰り道。小梅は玄之介の言動をいろいろと指摘。

まず、名刺を夫にだけしか渡していなかったこと。それから、キッチンをどうしたいかの希望を万智にだけ聞いたこと。玄関にはたくさんのパンプス。万智はバリバリのキャリアウーマンである可能性が高い。

キッチンにそば打ちの本が置いてあったこと、和則の手には手荒れがあったのに万智の手はツルツルだったことから、万智は水仕事をほとんどしていないことなどを見抜き、あの家で料理を担当しているのは和則だと見抜いていました。

玄之介の言動は、大きな契約の決定権は夫のみにある、料理や家事は妻のみがやる、という昔の考えの表れであり、そういった本人たちが言いづらいことは営業が察するべきであると。

小梅の読み通り、万智は雑誌の編集長をしていて、バリバリのキャリアウーマン。しかし、昔からずっと同じ作家に寄り添っていて、部下たちからは「今はSNSのバズりが全てなのに、編集長はわかっていない」と陰口をたたかれています。

実際に雑誌の売り上げも落ちていて、万智自身、時代についていけていないのかと気にしています。和則はフリーのライターで、自由奔放な性格です。

妻のムチャブリ

和モダンキッチンに夢広がる和則に対して、万智は「費用は400万円で」と無理な注文を出してきます。

万智は「ケチなのでは?」「将軍さまにもてあそばれているのでは!?」と困惑する小梅たち。試行錯誤しながらも、アイランドキッチン風の蕎麦打ち台を対面式に作るなどの工夫をしてちゃんと予算内に抑えて提案。(水道のついた部分を壁向きにした方が安くなる)

しかし、万智は「あなたたちの売りはこれだけ?これじゃ決められない」と、やはり弄んでいるかのような態度。

さらにその後、骨組みだけを残して全面リフォームするとグローバルに強引に説得され、契約を決めてしまいます。全面リフォームという選択肢があったのなら、最初から言ってくれれば、もっと他の提案があったのに…。

これで決着がついてしまいましたが、どうしても諦められない健太郎は、玄之介は、万智が編集している雑誌のバックナンバーを全て見てみました。万智はずっと寄り添っている作家は、昔はとても人気がありましたが、今は勢いをなくしていました。

しかし、それでもずっと寄り添っているのは、万智は、良いものは古くなっても大切にしたいと考える人なのです。

さらに、小梅は登記簿謄本を取って、あの家は万智の両親から譲り受けたものだと知ります。万智にとっては家族の思い出がたくさん詰まっている家。特に縁側は、家族で並んで座ってお月見をしたり、いろんな思い出が詰まっている大切な場所なのです。

しかし、和則にとっては思い入れゼロ。それが夫婦の温度差の原因だったのです。

グローバルとの契約を決めたとは言っても、またハンコは押していない状態。小梅たちは、「最後にもう一度だけ提案をさせてほしい」と、プレゼンを行います。

小梅たちが考えたのは、古いものの良さを残したい万智と、今風に憧れる和則の両方の気持ちを尊重した提案。縁側や上質なヒノキを使った床柱など、古くても良いものは残す。しかし全体的にはオシャレに洗練された今風の感じに作り変える。

それこそ”古”と”新”の融合された”和モダン”です。

これで夫婦どちらの希望も叶えることができ、まるふく工務店はグローバルに決まりかけていた西崎夫婦のリノベーションを請け負うことができたのでした!

小梅と玄之介の”やらかし”

今回の西崎夫婦の案件が、またまるふく工務店とグローバルの相見積もりになっていることが発覚します。グローバルの担当は久保寺(金子大地)。

実は、小梅が転職することになったきっかけの”人間関係のやらかし”というのは、恋愛問題。小梅と久保寺は付き合っていたのですが、久保寺が二股をかけていたのです。しかも、同じ会社の女で、小梅はその女にハメられ、会社にいづらくなってしまったのです。

玄之介も、自分のことについて話します。玄之介には進之介(岩川晴)という10歳の息子がいますが、最近、妻が出て行ってしまい、シングルファーザーとなってしまいました。玄之介はバツ2で、進之介は最初の妻の子供。

そして、妻はまるふく工務店の元営業マンと駆け落ちしていなくなってしまったのす。その元営業マンというのが、福山家の次男…!つまり、玄之介は実の弟に妻を奪われたということなのです…!!



魔法のリノベ第1話で話題になった場面

魔法のリノベ、めっちゃよかった!!エンドロールに未来の暮らしが描かれるのおしゃれすぎて、普通に泣いてしまった。

フジテレビ『魔法のリノベ』。波瑠さん間宮祥太朗さん吉野北人さん、初回ゲストの寺脇康文さん中山美穂さんがたいへん素晴らしかった。ヨルシカさんの主題歌『チカノテ』に載せてのエンドロールが抜群。脚本・ヨーロッパ企画の上田誠さんは常にいい。

エンドロールでは、リノベーション後のゲストのその後の生活が描かれていました!

夫が語っていた、「子供たち夫婦を呼んで、対面キッチンで自慢の手打ち蕎麦をふるまえたら最高!」という夢がかなっていて、みんなとっても幸せそうな笑顔でキラキラしていました。

やっぱり家って夢がありますよね!

ヨルシカ「チノカテ」 ドラマ本編映像 歌詞も素晴らしい

魔法のリノベ面白いし主題歌ヨルシカだし最高だな

主題歌聞くために起きてた

魔法のリノベ、原作読んだ事無いし、ヨルシカ主題歌という理由だけで見てたけど、既に面白い。毎週の楽しみが増えた。

ドラマよりも、まずはヨルシカさんが主題歌を担当するということに注目している人多数!さすが固定ファンが多いんですねー。

毎回、エンドロールで幸せな家族の風景と一緒に流れることになりそうなので、かなり印象に残る主題歌となりそうですよね!



魔法のリノベ第1話ゲスト

第1話の依頼人として、中山美穂さんと寺脇康文さんが夫婦役として出演します!二人が暮らすのは、築60年の一軒家。

夫の和則が、「昔ながらの間取りや縁側など古いものを一掃し、広々としたリビングと和モダンのキッチンを作りたい」と依頼してくるのですが、妻の意見と食い違ってしまったりするのでしょうか…!?

 

さらに、森カンナさんと橋本淳さんのお二人も夫婦役でゲスト出演します。森さんは片付けが極度に苦手な専業主婦の佐竹優香。橋本さんはモラハラ気味の夫・総一朗。2人の悩みは「キッチンが片付かない」こと。

二人のシーンは、小梅が転職する前に勤めていた、大手リフォーム会社「グローバルステラDホーム」での回想シーン。

アイランドキッチンがある中古物件を購入したものの、片付けが苦手で、汚れた食器やごみであふれかえってしまい、来客時に汚れたキッチンが丸見えになってしまうという悩みを相談。小梅がそんな二人の悩みを華麗に解決します!



魔法のリノベ第1話感想

住宅もののドラマということで、絶対見る!と決めていたドラマです!キッチンなど、女性としては気になるところなので、これからいろんな提案が聞けるのが楽しみです。

流行のアイランドキッチンが、片付けられない主婦にとってはとても使いづらい…という描かれ方をしていて、もしかしたらこのドラマによって、カウンター式のキッチンがこれから流行ったりして…?と住宅関係のお仕事をしている方も気になるドラマなのではないでしょうか?

提案を聞いているだけでもワクワクしますが、やはりビフォーアフターのアフターが一番見たいですよね。それはやらないのかな…と思ったら、なんとエンドロールで完成後の家の様子が公開されるという…!なんともオシャレな演出です!!録画して、じっくり見たくなっちゃいますね!

そして、相関図に次男が載っていないことが気になっていたのですが、なんと、長男の玄之介の奥さんと駆け落ちしたのが次男だったとは…!!一体だれが演じるのか、とても気になります…!!



魔法のリノベ第2話の次回予想

2話では、夫婦別の寝室にしたい妻とそれに反対する夫との戦いになりそうですね!家が舞台ということで、夫婦のいろんな家族の悩みが出てきそうです。

夫婦2人だけでもいろんな悩みや意見の食い違いがありそうなのに、親子、二世帯の親子など…家族の形にはもっといろいろとあるわけで…。特に夫の両親との同居問題なんて、本当に意見をすり合わせるのが大変そうですよね…!

いろんな家族の悩みとともに、どんな素敵で斬新なリノベーションの提案が見られるのか、毎週楽しみですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA