芸能人・著名人

小林陵侑の姉は小林諭果で美人ジャンパー!?これまでの経歴や成績まとめ

日本のスキージャンプ選手である小林陵侑選手の姉・小林諭果選手。

実力もある上に美人で可愛いと人気が高い選手の一人です!

そこで今回は、小林諭果選手のこれまでの経歴などについてまとめてみました!

小林陵侑の姉は小林諭果で美人ジャンパー!?

小林陵侑 姉

小林陵侑選手の家族は父親・母親・兄・姉・弟の6人家族です。

小林陵侑の家族構成まとめ!
小林陵侑の家族構成まとめ!父も元クロカン選手のアスリート一家だった!2022年北京オリンピックで金メダル候補として注目を浴びている小林陵侑選手。 実は、小林陵侑選手は兄弟が多く、みんなスキー選手とい...

全員スキージャンプ選手で有名な小林4兄弟の中の紅一点が小林諭果選手!

姉12

スキージャンプの才能や成績だけでなく、美人で可愛らしいルックスも人気の理由の1つです!

小林諭果選手は、笑った顔が可愛いと人気ですね!

小林諭果の美人画像

小林陵侑選手の姉・小林諭果選手のことをあまりご存じでない方も、この画像を見れはその美人さをわかってもらえると思います。

姉11 姉16

可愛らしさもあり、笑顔がとても素敵ですよね。

姉9

この写真など、雑誌に載っているモデルさんのようです!

ちなみにチャームポイントは「大きい涙袋と首の真ん中にあるホクロ」だそうです♪

また、可愛らい見た目だけでなくモデル並みのスタイルと美貌をもつ小林諭果選手!姉5

身長169cmあり、日本人の女性ジャンパーとしては高身長。

ちなみに平昌五輪出場選手と比べると

高梨沙羅選手:152cm

伊藤有希選手:161cm

岩渕香里選手:162cm

勢藤優花選手:168cm

小林諭果選手:169cm

勢藤優花選手と同様、恵まれた体格を持っています!

小林諭果さんのインスタにはプライベート写真も多く載せられてあり、スタイルの良さがよくわかる写真もありました。

姉3

※右側が小林諭果選手

足が長くてきれいですね!

この美貌を活かし、美人アスリートとしてテレビ番組からのオファーも増えているそうです。

姉4

先の話になりますが、引退後もタレントやキャスターとしても活躍されそうだなと思います!

小林諭果に彼氏はいる?

姉2

素敵なルックスをもつ小林諭果選手に彼氏がいるのか、気になりますよね。

2022年には28歳を迎えるので彼氏がいてもおかしくないですが、

彼氏がいるかどうかは見つけられませんでした。

Twitterを見る限り芸能人のことや“推し”と書かれているので、色んな人に興味があるのかもしれませんね!

小林諭果選手が結婚ともなると兄弟みんなの反応はどうなるのか、気になるところです。

小林諭果のプロフィール

姉6

名前:小林諭果(こばやしゆか)

生年月日:1994年5月16日

出身地:岩手県八幡平市(旧松尾村)

身長:169cm

体重:56kg

所属クラブ:CHINTAIスキークラブ

座右の銘:YOLO(人生一度きり!)

得意な事:いつでもどこでも寝られる

元気で明るいキャラクターの小林諭果選手、実はTwitterでのつぶやきが可愛い事でも人気です!

よかった見てみて下さいね♪

小林諭果選手のTwitterはこちらです!



小林陵侑の姉・小林諭果のこれまでの経歴や成績まとめ

姉17

スポーツ一家に生まれた小林諭果選手ですが、ジャンプ競技を始めたのは小学校4年生の頃だそうです。

兄の小林潤志郎選手や、弟の小林陵侑選手は先に始めていましたが、小林諭果選手は高いところが苦手で絶対にやりたくなかったそうです。

しかし父親や周囲から「女子は人数が少ないからすぐに表彰台だぞ!」

と甘い言葉に釣られ小学校4年生から柏台スポーツ少年団で競技を始めたそうです!

甘い言葉で誘われた小林諭果選手ですが、競技を始めた当初はスタート台から飛び出すことが怖く、泣きながら飛んでいたそうです。

今ではとても活躍する小林諭果選手にも、こんな時代があったんですね。

小林諭果の経歴

まずは、小林諭果選手の経歴から見ていきましょう。

小林諭果の出身高校

姉15

岩手県八幡平市で育った小林諭果選手は、高校も地元の「盛岡中央高等学校」へ進学しています。

岩手県盛岡市にある私立の共学校で偏差値は67。

県内でも有数の進学校だそうで、学科は高度な内容を学習し、高い志で超難関大学への合格を目標としている特進コースがあるようです。

この高校には小林諭果選手の兄と弟も進学しているようで、他にも卒業生には俳優の戸塚純帰さんなど多くの方が卒業している伝統校です。

まさに文武両道!かっこいいですね!

小林諭果の出身大学

姉14

盛岡中央高等学校を卒業後は、「早稲田大学スポーツ科学部」へ進学しています。

地元を離れ早稲田大学を選んだ理由は、

小林諭果選手が入部するまで早稲田大学には女子のジャンプ選手がおらず、当時の監督・倉田秀道監督に声を掛けられたことがきっかけ

だそうです。

また、小林諭果選手は早稲田大学唯一の女性ジャンパーとして、インカレやユニバーシアードで活躍し成績を残しています!

小林諭果の現在

姉10

小林諭果選手は早稲田大学卒業後から現在も、CHINTAIスキークラブに所属しています。

会社のブログにも度々登場しており、会社からも好感度の高い小林諭果選手を企業のイメージアップのためにも全面的に応援しているようです!

小林諭果選手もまた、自身のSNSに企業キャラクターとの写真を掲載し感謝しているようですね。

小林諭果選手は株式会社CHINTAI東京本社で不動産関係の仕事をしながら、スキージャンプの練習をしています。

平日は千葉県でトレーニングを積み、週末にジャンプ台のある長野県で実戦練習を積んでいるそうです。

同じジャンプ競技の選手たちはスキーの本場である札幌や長野を拠点とする方が多いですが、小林諭果選手は拠点を関東に置いています。

その理由は「関東でもできることを証明したいから」と明かしていました。

どの環境に置かれてもやろうと思えばできる!ということですね!

小林諭果の成績

続いて、小林諭果選手の今までの成績です。

姉13

小学4年生のときにジャンプ競技を始めた小林諭果選手は

2008年3月に開催された蔵王大会でコンチネンタルカップに初出場を果たしています。

2012年3月に開催されたスキージャンプ・ワールドカップ蔵王大会にも初出場しましたが、残念ながらポイント獲得まではいかなかったそうです。

国際大会の成績

ジュニア世界大会

2013年リベレツ大会:個人24位、団体5位

ユニバーシアード

●2015年シトゥルブスケー・プレソ大会

:個人ノーマルヒル2位、女子団体ノーマルヒル:2位、混合団体ノーマルヒル:優勝

●2017年アルマトイ大会

:個人ノーマルヒル2位、混合団体ノーマルヒル:3位、女子団体ノーマルヒル:優勝

ワールドカップ:最高順位23位

サマーグランプリ:最高順位28位

コンチネンタルカップ:最高順位13位

国内大会の成績

第27回岩手県スポーツ少年団スキー大会スペシャルジャンプ小学生女子 優勝

第7回、8回ライオンズクラブ杯全国ジュニアサマージャンプ大会中学女子 優勝

第85回宮様スキー大会国際競技会ノルディックスキー・スペシャルジャンプ女子ラージヒル 優勝

第88回全日本学生スキー選手権大会ノルディックスキー・スペシャルジャンプ女子1部 優勝

第92回全日本スキー選手権大会女子組 優勝

第20回札幌市長杯大倉山サマージャンプ大会女子組 優勝

大倉山チャレンジカップ2017サマージャンプ大会女子組 優勝

第59回HBCカップジャンプ競技会女子組 優勝

第49回名寄ピヤシリジャンプ大会女子組 優勝

第62回雪印メグミルク杯全日本ジャンプ大会女子組 優勝

チャレンジカップ2021大倉山サマージャンプ大会女子組 優勝

第64回HBCカップジャンプ競技会女子組 優勝

第63回雪印メグミルク杯全日本ジャンプ大会女子組 優勝

国内外問わず、多くの成績を残していることがわかります。

姉18

小林諭果選手にとって、ジャンプ競技の魅力は何かという問いに対し

“ジャンプは「空を飛んでいる気分」を味わえること”と話しています。

滞空時間は大体3秒ほどで、シーズン前に久しぶりに飛ぶときはいつも怖さを感じるそうですが、「空を飛んでいる気分」が忘れられず頑張れるそうです!

これからも小林諭果選手の恵まれた体格を活かし、ダイナミックなジャンプを見せてほしいですね!



まとめ

今回は小林陵侑選手の姉・小林諭果選手について調べてみました!

・美人で可愛らしいルックスとモデル並みのルックスを持っている!

・美人アスリートとして、テレビ番組でも活躍している

・現在はOL業務をしながら練習に励んでいる

今後もジャンプ選手として多くの活躍を期待しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA