時事

河瀬直美の暴行理由が判明!「若い男に後ろから触られた」

文春砲】河瀬直美の暴行 「腹蹴りは日常茶飯事」!?

映画監督の河瀬直美さんに文春砲です。映画「朝が来る」の撮影中に、当時20代の撮影助手である男性スタッフに暴力をふるったと報道されています。

河瀬直美監督が行った男性スタッフへの暴行は、なんと「腹蹴り」。ビンタや突き飛ばすのではなく、とっさにでた行動が「腹蹴り」という点からして日常的に会った行為なのではないかと疑問を持ちます。

文春で伝えられた河瀬直美監督の暴力行為に至るまでの詳細や、なぜこのタイミングで文春砲がなされたのかについて調べてみました。

【文春砲】河瀬直美が暴行「腹蹴り」するまでの経緯

kawasenaomi

2022年4月27日更新の週刊文春電子版によると、映画監督の河瀬直美さんが映画「朝が来る」の撮影中に撮影助手の男性に暴力行為をしたと明らかにされています。詳細は、有料記事にて読めますが、簡単に説明すると以下の通り。

映画「朝が来る」は、2019年4月より撮影が開始され、事件が起こったのは撮影も終盤に差し掛かった2019年5月頃だったと言います。

映画の1シーンを撮影していた河瀬直美監督が、シーンを撮り終えたにも関わらず方向性が決まらずカチンコをカメラに向けられずにいました。そこで、撮影助手として後ろにいた男性スタッフAさんが方向修正を伝える意図で河瀬直美監督の身体に触れた時、事件は起こったのです。

「何するの!」と大声で叫び、Aさんの腹を蹴り上げる事態となったようです。

kawasenaomi

では、なぜこのような事態が起きてしまったのでしょうか。実は、この映画「朝が来る」は監督に河瀬直美さん、撮影チームは撮影監督の月永雄太さんが率いていたチームだったそうです(Aさんはこちらに所属)。但し、河瀬直美監督率いる「河瀬組」と言われるクルーはかなり特殊だそう。

例えば、

  • 参加者は世界観への没入を求められる

  • 俳優が事前に役の通りに生活する『役積み』を求める

  • 感性豊かな河瀬監督が即興的に思い浮かんだことを実現するのが、現場の最優先

など、こだわりがつよく、撮影チームとはあまり息があっていなかったそうです。その為、このシーンもカメラを回していたのは河瀬直美監督本人だったと言います。本来、助手がカメラマンに触れて危険や軌道修正を伝えることは一般的

ただ、少なくとも河瀬組では感覚が違ったのか、自分のやり方通りにいかなかった為なのか、激昂して腹蹴りをしたということになります。結果として、Aさんの上司である月永雄太さんが途中降板を申し入れ、撮影チームは交代となりました。



河瀬直美の暴行「腹蹴りは日常茶飯事」だったのか?

kawasenaomi

河瀬直美監督は通常の自分のやり方と違う、いつもの通りにできなかったことから、突然の事に驚き暴力行為をふるったとされています。しかしならが、行った暴力行為は「腹蹴り」です。

普段、人を殴ったりしたことない人が、突然のことに驚いて「腹蹴り」ができるものなのでしょうか?ついカッとなってという行動にしても、日常「腹蹴り」をするという行動はありえないですよね。

実は、河瀬直美監督が日常的に暴力行為をふるう事があったのか、こんな情報を耳にしました。

河瀬直美監督と斎藤工さんが出ていた舞台挨拶の時、河瀬監督が斎藤工さんを相当気に入っていた様子が見て分かりました。しかしながら、斎藤工さんはなんか一歩引いてるのが見て分かるんです。斎藤工さんって、たいていの場合愛想がいいのに・・・河瀬監督ってやばい人なのかな?と思いました(映画関係者)

河瀬直美監督の日常的に圧力だったり、暴力を振るような姿は、もしかしたら映画関係者の間では噂になっていたのかもしれません。その為、斎藤工さんも一方で、引くような態度を見せていた可能性がありますね。



河瀬直美の暴力事件はなぜ今になって告発されたのか

kawasenaomi

河瀬直美監督が起こした「腹蹴り」の暴力事件は、2019年5月頃の話で、2022年から3年前の話になります。なぜ、2019年当時ではなく、3年後の2022年にこのように告発されたのでしょうか。

それには、やはり性被害者がいると告発された榊英雄氏や園子音監督への告発があったからではないでしょうか。男性から女性への性被害も許されるものではありませんが、逆もしかりで女性から男性への暴力も許されるものではありませんよね。

また、映画関係者はこのようにもコメントしています。

kawasenaomi1

河瀬直美が総監督を務める記録映画「東京2020オリンピック SIDE:A/SIDE:B」が2022年6月に公開されます。藤井風さんがメインテーマソングに決定され話題になっている今だからこそ、この告発は河瀬直美監督にとっては痛いものになるんじゃないですか(映画関係者)

藤井風さんがメインテーマソングに決まった事で、かなり注目を浴びている記録映画「東京2020オリンピック SIDE:A/SIDE:B」。3年前の出来事とは言え、女性から男性への暴力しかも「腹蹴り」はなかなかなインパクトを世間に与えたのではないでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA