純愛ディソナンス

純愛ディソナンス1話あらすじネタバレ

純愛ディソナンス第1話あらすじネタバレ

中島裕翔さんが初めて教師役を演じ、主演を務めるドラマ「純愛ディソナンス」。初の教師役で、なんと生徒とのラブストーリー!

ファンが悲鳴を上げてしまいそうな内容ですが、”純愛”ということで、決して一線を越えない関係のようなのでご安心くださいね。

生徒役には吉川愛さん。惹かれ合う二人、純愛だけど、やがて大きなディソナンス(不協和音)を生み出していく…。そして、二人の純愛の他に、ある”事件”が絡んできて…。

こちらでは2022年7月14日スタートの木曜ドラマ純愛ディソナンスの1話ネタバレあらすじや感想などを書いていきたいと思います。

純愛ディソナンス第1話あらすじ

新田正樹(中島裕翔)は、父・秀雄(神保悟志)が学校法人『立秀学園』の理事長、母・景子(舟木幸)が教師という規律正しい家庭に生まれた。優秀だった兄・幸助と常に比較され続け、強いコンプレックスを抱いていた正樹は、幸助が大学時代に事故で他界してからも、どうすれば周囲から良く思われるかを考えながら打算的に生きていた。

そんな折、勤めていたピアノ教室が倒産し、職を失ったばかりの正樹のもとへ、音大の先輩で、幸助の恋人でもあった小坂由希乃(筧美和子)から連絡が入る。私立桐谷高校で音楽教師をしていた由希乃は、もうすぐ学校を辞めるため、正樹に後任を任せたいのだという。

最初はそれを断る正樹だったが、「来月からうちの学校に来い」という秀雄の命令から逃れるため、仕方なく由希乃の申し出を受ける。

赴任前夜、桐谷高校を訪れて教頭の影山勉(手塚とおる)に会った正樹は、2年3組の副担任を任せられる。その後、音楽室に立ち寄り、ピアノを弾き始める正樹。すると、ピアノの下に隠れていた2年3組の生徒・和泉冴(吉川愛)と目が合った。

冴は、ともに映像研究部でもある同級生の朝比慎太郎(髙橋優斗)ら数人の仲間と学校に忍び込み、あるものを探していた。だが、影山に見つかってしまったためバラバラになって逃げ、音楽室に隠れたのだ。

その騒ぎに巻き込まれた正樹は、逃げる際に冴が落としていった1枚の紙に気づき……。

あくる朝、職員室でも前夜の出来事が話題になる。2年3組の担任で社会科教師の加賀美理(眞島秀和)は、「新任早々災難でしたね」と正樹に声をかけると、由希乃のデスクを使うよう指示し、隣席の国語教師・碓井愛菜美(比嘉愛未)に、由希乃の私物の整理を頼む。

実は由希乃は、「一身上の都合」とだけ書いた辞職願のメールを学校側に送り、それ以後、一切連絡が取れなくなっていたのだ。影山は、由希乃の退職理由については病気ということにする、と教師たちに指示していた。

加賀美は、2年3組の生徒たちに正樹を紹介する。すると慎太郎が、スマホに保存していた、由希乃がいなくなる少し前の動画を流した。その動画には、楽しそうに話している由希乃の姿が映っていた。

こんなに元気なのにいきなり病気というのはおかしい――慎太郎たちはそう言って騒ぎ出すが……。(引用:純愛ディソナンス公式HP

高校教師と女子高生の純愛ドラマと聞いていたので、まさにキュンキュン連発の切ないドロドロストーリーかと思っていたのですが、1話からミステリーの匂いがプンプン…!?

どうやら、前任教師の小坂由希乃(筧美和子)の失踪が、物語の大きなカギを握ってくるようですよ。

由希乃と新田(中島裕翔)にもある深い関係があるので、そちらも1話をドキドキしながら見てみてください!



純愛ディソナンス第1話ネタバレ

音楽教師の失踪

ピアノ教室で講師をしていた新田(中島裕翔)は、ピアノ教室が潰れたことにより職を失ってしまいます。ちょうど良く、昔からの知り合いの小坂由希乃(筧美和子)が、自分が働いている桐谷高校で音楽教師をやらないか?」と勧めてきます。

由希乃は元音楽教師ですが、仕事をやめようと思っているので、自分の代わりに新田を学校に紹介したいのです。しかし、新田は学校にいい思いがないため、断ります。新田の父親(神保悟志)は学校法人を経営しており、跡継ぎ候補だった優秀な兄の幸助といつも比較されて育ち、とても自己肯定感が低いのです。

その後、幸助は7年前に亡くなってしまい、泣き崩れる父親を慰めようと肩に添えた手を振り払われ、自分は愛されていないのだとさらに自信をなくしました。由希乃は幸助の彼女でした。

突然父親に呼び出され、「うちの学校で働け」と言われます。兄の代わりに新田を跡継ぎにしようとしているのです。

それに反発するため、やはり桐谷高校の音楽教師の話を受けようと由希乃に電話をしますが、つながりません。直接桐谷高校に訪れ、音楽教師として赴任することになりましたが、由希乃は突然学校を辞めており、失踪していました

生徒たちには「病気で」と伝えていましたが、失踪直前まで元気にしていたため、生徒たちも何か怪しいと疑っています。

女子生徒との出会い

新田が副担任を受け持つことになったクラスの生徒・和泉冴(吉川愛)は、シングルマザー家庭で育っており、母親の静(富田靖子)は夫に逃げられたことから、「女の人生は男の選択で決まる」と言う考えを冴に植え付けて育ててきました。

しかし冴は逆に、「自立した女性になりたい」と母親に内緒でアルバイトをしてお金を貯めていました。それなのに、ある日、母親が現在交際中の男性に、冴のお金を勝手にあげてしまいます。

絶望した冴は、意識が朦朧として、とぼとぼと踏み切りに向かって進んでいきます。偶然通り掛かった新田が、「そのまま進んだらどうなると思う?」と冴を止めました。

普通は体がバラバラになって即死だけど、数秒間だけ意識が残っている場合がある。そうなったら最悪だと。

それをきっかけに、冴は新田に自分の家庭の事情を話しました。母親がろくでもないこと、自分は自立して母親から自由になりたいこと、それなのにお金を使い込まれたこと。妻は自分のことを話したのは、由希乃以外では新田が初めてでした。

新田は、自分の親が学校法人を経営していること。跡継ぎ候補として指名されていることなどを話します。しかし冴は大人びていて観察眼が鋭く、新田がそれを望んでいないことを見抜きました。

さらに、新田が由希乃のことを探していることを知って、自分も由希乃を探すことに協力するといいます。

嫉妬

新田と冴が並んで夜道を歩いている写真が、学校の裏掲示板に投稿されました。それを知った教頭(手塚とおる)は、新田に注意します。2人の間には何もないけれど、怪しまれるようなことをするのが問題だと。

冴は自分の家庭事情を話したことで、新田と距離が縮まったつもりでいましたが、学校で話かけた時に新田が突然冷たくなっていてびっくりします。実はこの写真を投稿したのは、冴のクラスメートで幼なじみの朝比(髙橋優斗)でした。朝比は冴のことが好きなのです。

怪しい女教師

同僚の国語教師の碓井(比嘉愛未)は、地味で協調性がなく、同僚とまともにコミニケーションを取ろうとしません。由希乃はそれとは対照的に、華やかでいつも生徒たちに囲まれている教師でした。

しかしそんな由希乃のことを、「生徒との距離感が近すぎる。教師としての自覚がない」と非難する声もあります。生徒たちに人気があったように見えて、裏掲示板にも「香水の匂いがきつい」「男にしかいい顔をしない」と言う悪口もありました。

碓井はなぜか、由希乃の私物である化粧ポーチを持っていました。そして由希乃が愛用していた香水をふりかけます。その匂いに、同僚社会科教師の加賀美(眞島秀和)が気づいたようで…。

跡継ぎ候補の座を捨てて

新田は正式に父親から「跡継ぎ候補としてみんなに紹介する」と言われます。そしてそのお披露目の日。

これから会場に向かおうとする新田に、「そのまま進んだらどうなると思う?」と後から冴が声をかけます。「体がバラバラになっても、そのまま生き続けたら最悪」

冴は手を出して一緒に逃げようといいます。こんな浅はかな子供の言うことに惑わされ、自分の人生を選んではいけないと頭ではわかっているのに、新田は冴の手を取りホテルを飛び出していました。

由希乃の遺体が発見される

学校にパトカーが何台も入ってきて、物々しい雰囲気。なんと山中で由希乃の遺体が発見されたのでした…!



純愛ディソナンス第1話で話題になった場面

純愛ディソナンスの何がいいって小説チックなところなんだよな。「このまま進むとどうなると思う。」のセリフで落ちてしまった。いや演技も素晴らしいんだけど、構成とか音楽とか全部めちゃめちゃ好き。あと2人の顔がいいよな……

純愛ディソナンス作ってるの誰? 中島くん好きやのに、高校教師と生徒の恋愛とか興味ないわ〜思ってたら、作り込みめちゃめちゃオモロいやん!!好きやった夜行観覧車、砂の塔、最愛並みのワクワクぞくぞく感あるんやけど!同じ制作スタッフ?そして中島裕翔くんはやっぱりいい演技するわ♡

えー…純愛ディソナンス想像してた10倍面白いじゃん… 劇伴が最愛と同じ人だよ… 最愛好きな人絶対ハマるよ…おすすめだよ

音楽の入り方が最愛みたいでぞくぞくすると思ったら同じ人だった…!! 爽やかさと闇が共存してるというかバランスが絶妙 あとこれで初めて中島裕翔さんに出会いたかったと思うくらい、顔と役柄が好き…美しすぎる…

「思ってたのと違った(いい方に)」という声が多かったですね。私もそうでした。教師と生徒の禁断の恋というキュンキュン、ドロドロするだけのドラマかと思ったら、かなり闇ですね。

ピアノの音楽もかなりアクセントになっていて、吉高由里子さんの「最愛」っぽい!と話題に。確かに、音楽を担当しているのが、横山克さんという同じ人でした!



純愛ディソナンス第1話感想

生徒と教師の純愛ドラマと言うことで、切なくてキラキラしたきれいな物語を想像していたのですが、意外に由希乃の失踪事件がメインで描かれているような印象を持ちました。純愛ドラマと言うよりは、ミステリードラマに近い感じがしますね。

でも、2人で手を取り合いながら走って逃げるシーンは、まさに求めていたキラキラした純愛ドラマの画!というでした。

新田も冴も闇を抱えていて、お互いに通じるものがあるのでしょうね。2人が短時間でも惹かれあうのに説得力のある理由があって、2人の出会いと距離が縮まるのを1話で十分に描けていたと思います。

そして、比嘉愛未さんが演じる碓井もとても不気味ですね。なぜ、由希乃のポーチを持っていたのでしょうか?由希乃は一体誰に殺されたのでしょうか?まだまだ謎ばかりですね。

純愛ディソナンスは、サスペンス要素の強い、ちょっと暗めの大人のドラマと言う感じです。髙橋優斗くんが幼なじみの冴に片思いをしていて、休みの日にデートに誘おうとしているのに全て「バイト」で断られてしまっているところ。嫉妬から2人の仲を引き裂こうと写真を掲示板に投稿してしまうところなどは、普通の学園ドラマのようでちょっと青春を感じました。



純愛ディソナンス第2話の次回予想

早速惹かれあう2人ですが、またまた写真が掲示板に投稿されてしまい、引き裂かれてしまうようですね。

冴のことを好きな朝比の仕業もありそうですが、碓井が怪しい動きをしていそうですね。 碓井は、由希乃に対して嫉妬心を抱いていたのではないかなぁと思います。

由希乃の化粧ポーチを盗んで(?)、同じ香水を愛用しているところなど、由希乃のように華やかな存在になりたかったのではないかと。

その香水の匂いに反応していたので、もしかしたら眞島秀和さんが演じている加賀美は由希乃のストーカーをしていたのかもしれませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA