芸能人・著名人

BiSH解散説は2023年が濃厚な3つの理由!解散理由と噂の真相について調べてみた!

BiSH解散説は2023年が濃厚な3つの理由!

新生クソアイドルならぬ楽器を持たないパンクバンドとして、芸能人のファンも多く持つBiSH。

実は、BiSHの解散説がまことしなやかに囁かれているのをご存知ですか?

BiSHの解散説は以前から出ていたようですが、2023年で解散する可能性があるのではないかと言われています。

では、なぜBiSHの解散は2023年が濃厚なのか理由を見てみましょう!

BiSH解散説は2023年が濃厚な3つの理由!

BiSH

BiSHの解散が2023年になるのでは?と言われている理由は、

  1. LIVEでの映像
  2. 紅白出場が叶った
  3. 新生BiSHの誕生?

の3つ。

実際、本当に解散する可能性はあるのでしょうか?

理由を1つずつ見ていきましょう!

①LIVEでの映像

BiSH

こちらの画像は、2021年12月4、5日に福岡で行われたLIVE EPiSODE3終演後に流れた映像です。

画面には「2023」と書いてあるのが、分かりますよね。

BiSHまた、こちらの画面には「TO BE CONTINUED・・・?(つづく・・・?)」と書いてあるので、EPiSODE 3 で終わりではないようです。

この2つの映像から想像するに、2023年までは続く=2023年に解散予定と考えられるのではないでしょうか?

②紅白出場が叶った

2021年の紅白歌合戦に初出場が決定したBiSH。

紅白歌合戦に出るのは、BiSHの夢だったようです。

2021年に紅白に出る夢を掴み、あとは日本武道館や東京ドームでやることを目標にしていたとしますよね。

例えば、

2022年に日本武道館でライブ

2023年に東京ドームでライブ

が、今後の目標や夢だったとします。

全ての夢が叶った後に解散、というシナリオが組まれているとすると、2023年に解散という可能性もゼロではないのかもしれませんね。

③新生BiSHの誕生?

BiSHは、2015年3月に5人体制でスタート。

その後、メンバーの2度の脱退と2度の加入を経て2016年8月からは今の6人体制で活動をしています。

既にアイドルとしての活動も、2021年時点で7年が経とうとしているますよね。

ゲリラリリースやゲリラライブなど、ファンを驚かせるプロモーションを行ってきているBiSH。

今のBiSHをいったん終わりにして、2023年に新生BiSHが産まれる可能性もあるのかもしれません。

BiSH解散・紅白での発表はある?

BiSH

BiSHの解散については、今すぐではないものの2023年に解散する可能性があるのかもしれません!

BiSH解散説について、事務所は否定していますが、紅白で発表する可能性はあるのでしょうか?

ファンとしては、まずは解散して欲しくないという想いが強いようですね!

そして、紅白の場での解散発表も辞めて欲しいとの声が多くああがっています。

過去に元AKB48の大島優子さんが、紅白出場時に卒業を発表しましたが、解散を紅白で発表したバンドやグループはいません。

サプライズ好きなBiSHから、何か発表はあるのでしょうか?

当日が楽しみですね!

<2021.12.24追記>

BiSHは朝の情報番組『スッキリ』で、2023年に解散することを発表しました!

BiSHの解散理由と噂の真相について調べてみた!

BiSH

もしも、BiSHが本当に2023年に解散をするのであれば、その解散理由は一体何なのでしょうか?

一説として言われているのが、BiSHメンバーのソロデビュー。

既に

・アイナ・ジ・エンドは、2021年3月1日に東京国際フォーラムで初のソロツアーの最終公演を開催

・アユニ・Dは、2021年2月13日に日本武道館でワンマンライブ『生活と記憶』を開催

と、ソロデビューをしているメンバーもいます。

ソロ活動が軌道にのると、グループの解散説がでてくるのも不思議ではないですよね。

ただ、事務所の稼ぎ頭であるBiSHを解散させることはないのでは?

との意見もあります。

BiSHの不仲はハシヤスメのせい!?5つの不仲エピソードについて調べてみた!
BiSHの不仲はハシヤスメのせい!?5つの不仲エピソードについて調べてみた!芸能人の中でもファンが多い女性パンクバンド「BiSH」 人気絶頂期の中2023年に解散することが発表され、不仲説が解散の原因かと噂...

真相は、ご本人たちにしか分かりませんが、何かしら情報がアップデートされ次第

追記したいと思います!

まとめ

BiSHの解散説は2023年が濃厚ではないか?という理由をまとめてみました。

願わくば、このBiSH解散説はただのデマで、一秒でも長くBiSHの活躍がみられるといいですね!