赤いナースコール

赤いナースコール2話あらすじネタバレ「首チョンパの遺体の恐怖」

akai-nurse-call-2-arasuji-netabare

第1話から「怖かった!」と話題のドラマ赤いナースコール。深夜帯のドラマでありながら、トレンドに上がっていましたよ。さすが、秋元康さんのドラマ、Sexy Zoneの佐藤勝利さん主演というだけありますね!

1話では相部屋の患者の遺体が発見されるという衝撃的なラストでしたが、なんと主人公の翔太朗が犯人に疑われてしまい…!?

こちらではテレ東ドラマ赤いナースコールの2話ネタバレあらすじや感想などを書いていきたいと思います。

赤いナースコール第2話あらすじ

春野翔太朗(佐藤勝利)のベッドの下から、滝中良一 (橋本淳)の遺体が発見される。だが下半身がなく手には翔太朗のスマホが・・・。 工藤文世 (池田鉄洋) は一緒に病室を抜け出した翔太朗を疑うが、滝中の誘いだったと主張。

自分も何者かに殴られ気を失ったと訴える。工藤は今回のサイコパスな犯行と、近頃起きている連続殺人事件との関連を疑っていて・・・。 やがて滝中の下半身があまりにも残酷な状態で見つかり、病院内に衝撃が走る。(引用:赤いナースコール公式HP

1話のラスト、めちゃくちゃ怖かったですよね!遺体の下半身が切り取られていましたが、なんと2話では、その下半身がもっと残酷な状態で見つかるそうです…。あんまりグロい映像は嫌だなぁ…。

さらに、毎週1人、犠牲者が出たりするのでしょうか…?



赤いナースコール第2話ネタバレ

疑われる翔太朗

同室だった患者・滝中(橋本淳)の遺体が、翔太朗(佐藤勝利)のベッドの下から見つかりました。滝中の遺体は、下半身が切り取られており、手には翔太朗のスマホが握られていました。

昨夜、翔太朗と滝中が一緒に病室を抜け出していたことから、翔太朗が捜査一課の刑事・工藤(池田鉄洋)に事情聴取を受けます。工藤は、テレビの脚本家である翔太朗に、「刑事ドラマは書いたことがあるのか?」と聞きます。

刑事は、事件があると関係者に片っ端から何度も何度も事情を聞きます。自分でも嫌になるほど何度も何度も。その理由は、供述に少しずつ矛盾が出てくるから。その矛盾をつくのが、刑事の仕事。

工藤は明らかに翔太朗を疑っています。

同部屋の患者たちは、いつもは夜更かししていたり、夜間の巡回のナースが来ただけで目が覚めてしまうのに、昨夜はみんな眠っていて何も知りません。もしかして、睡眠薬を飲まされていたのでは…?

しかし、翔太朗と滝中は深夜に動いているので、睡眠薬は飲んでいないと言うことになります。ますます、翔太朗が滝中を殺したのでは?という疑惑が深まります。

遺体の下半身が発見される

滝中の遺体の下半身が発見されます。なんと、病院の食堂の寸胴鍋で煮込まれていました。

犯人は、滝中が生きている間に体を切断していました。切断されたのは食堂の床。血を洗い流した痕が見つかりました。

人間の体は脂肪で包まれているので、刃物が油でギトギトになってしまい切れなくなってしまうはずですが、そういった作業に手慣れているのか、手先が器用なのか、犯人はそれをやってのけています。

そして1番大事なのは、肝が座っていること。切断するときに、かなりの血が飛び散っているはずです。やはり犯人はサイコパス?

工藤は、患者たち一人一人に話を聞いた映像を、何度も見返していました。その中で下塚(大水洋介)が、焼き肉屋で働いているというところに引っかかります。肉屋なら切断作業も手慣れているのでは…?

ついにアリサと電話がつながる

昨夜、翔太朗がアリサ(福本莉子)の病室に忍び込んだ時、知らない老婆が寝ていました。それは、「調子が悪い」と言う理由で、病院側から頼まれて部屋を代わってもらっていたからでした。今日になってアリサは、自分の部屋に戻ってきます。

パトカーが来ていて騒がしいことには気づいていましたが、看護師からは詳しい事件の内容は教えてもらえません。しかし、翔太朗が事件のことで事情を聞かれたと聞いて、心配で仕方がありません。

顔の治療が長引いていて、翔太朗に会うことができないアリサ。しかし、翔太朗のことが心配で、「せめて電話だけでもしたい」とナースに頼んで、電話をかけてもらいます。

事故以来、やっとアリサと話ができた翔太朗は安心します。電話を終えたアリサ。突然、昨夜、病室を交代していた老婆が部屋の前に立っていて、「ここから逃げろー!」と叫びます。

首のない遺体

看護師のミク(ベッキー)は、下塚の姿が見えないことに気づき、また隠れて電子タバコを吸いに行ったのかと、トイレに探しに行きます。

男子トイレの前で声をかけても応答がないため、仕方なく中を確認すると、下塚が個室の便器に顔を突っ込んで倒れていました。

慌ててミクが下塚の体を引っ張り上げてみると、なんと首から上が切り取られていたのでした…!!



赤いナースコール第2話で話題になった場面

ほら、ね。 やっぱり。 首チョンパは流石に予想できなかったけど、、、

あの、赤いナースコール?ってドラマが風呂から出たら大抵終わり際なんだけど今のところ見たシーンが、ベットの下から下半身チョンパされた死体が見つかるシーンと、トイレで首チョンパされた死体が見つかるシーンだから……ね?

もう最後のシーンが衝撃的すぎて…。1話もやばかったですが、2話で下半身が鍋でグツグツされているところもかなり衝撃的で、でも、ラストの首のない遺体のシーンでそれも吹っ飛んでしまうほどの衝撃でした…。

もう毎回怖すぎます…!!覚悟していても怖いのに、たまたまテレビつけてあのシーンだったら、トラウマになりますよね。

犯人はまだ分からないけど 誰かがナースコール押した24時間後に 必ず入院患者がどこかを切断or取られて死ぬ。それで切断or取られる場所は 病気してる部位だと思われる。

下塚さん、焼肉屋…… そーゆーこと…??

遺体の切断のことで、下塚さんにフラグが立ったと思ったら、あっという間に被害者に…。翌週までも待たせないスピーディーな展開です。



赤いナースコール第2話感想

怖い!!本当にラスト数分に気が抜けない!!

鍋で下半身グツグツも怖すぎるし、最後のトイレの首なし遺体の映像の衝撃的なことと言ったら…。血の飛び散り方がすごく怖かったです。

「刑事ドラマで刑事が何度も何度も同じことを聞くのはなぜか?」や、「ドラマでよくある同一犯と思わせて実は模倣犯のパターン」や「と思わせて、やっぱり同一犯という裏の裏をかくパターン」などのセリフが出てくる赤いナースコール。

このドラマを見ている人はミステリーが好きでしょう?いろんなパターン知ってるでしょ?と、あえて惑わせようとしてくる制作サイドの挑戦を感じましたね。

下塚に怪しいとフラグが立ったとたんに、被害者になる…という展開は、ミステリーの王道展開。

みんな「フラグが立った!」と気づいたとたんに殺されてしまって、翌週に持ち越さないあたり、まだまだ序の口ですよ?これで考察当たった!なんて喜んでたら甘いよ?と、制作サイドはほくそ笑んでいるでしょうか。

同部屋の患者も少なくなってきて、一体だれを疑ったらいいのかわかりませんが、病院スタッフという可能性もありますしね。さらなる考察を楽しんでいきたいと思います!



赤いナースコール第3話の次回予想

アリサに「逃げろ」と言った老婆の正体が気になりますよね。あの老婆は何かを知っている?アリサに逃げろと忠告するのに、なぜ自分は逃げないのでしょうか?

他の患者も言っていたように、退院したくてもさせてもらえない、病院に監禁されている状態なのでしょうか?

そして、やっと翔太朗は、向こうの廊下を歩くアリサの姿を見ることができます。2話ではやっと電話で声を聞くことができ、3話では姿を見ることができたので、だいぶ安心できたことでしょう。

でも、顔の傷が芳しくないと告げられているアリサは、自分から会うことを拒んでいるようですね。でも、それも病院側の策略だと思います。二人を会わせないようにするため、アリサの退院を遅らせるために。

そこまで病院が患者を退院させたくない理由は一体何なのでしょうか!?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA